新じゃがと牛肉のマスタード炒め

新じゃがと牛肉のマスタード炒め

料理名 新じゃがと牛肉のマスタード炒め
番組名 NHKきょうの料理
料理人 重信初江
放送局 NHK
放送日 2018年3月6日(火)

 

コメント

特集「ときめく春野菜レシピ」今回のテーマ食材は、新じゃが。ここでは、「新じゃがと牛肉のマスタード炒め」の作り方になります。みずみずしくあっさりとした新じゃがいもは、コクのある牛肉との相性抜群。粒マスタードの程よい辛みや酸味、ウスターソースのスパイシーな風味でご飯にもパンにもよく合うボリュームおかずに仕上がります。

新じゃがと牛肉のマスタード炒めの材料(2人分)

 

新じゃがいも 4コ(約350g)
牛切り落とし肉 150g
菜の花 1/2ワ(約100g)
A
粒マスタード 大さじ1/2
ウスターソース 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
●塩・サラダ油

 

 

新じゃがと牛肉のマスタード炒めの作り方

1.新じゃがいも(4コ(約350g))はよく洗い、水けを拭かずに1コずつラップで包みます。電子レンジ(600W)に3分間かけて上下を返し、さらに1分間かけます。

竹串がスッと通るようになったら、粗熱を取ってラップを外し、一口大に切ります。

 

 

2.菜の花(1/2ワ(約100g))は根元を1cmほど切り落とします。鍋に湯を沸かして塩少々を加え、菜の花を茎から入れて全体を沈め、すぐ冷水にとります。

水けを絞り、長さを半分に切ります。

 

 

 

3.フライパンにサラダ油小さじ1を強めの中火で熱し、じゃがいもを焼きつけるようにして2分間ほど炒めます。

全体に焼き色がついたら牛切り落とし肉(150g)を加え、ほぐしながらサッと炒めます。

 

 

 

4.肉の色がだいたい変わったら菜の花を加えて混ぜ、温まってきたらAの粒マスタード(大さじ1/2)・ウスターソース(大さじ1)・しょうゆ(小さじ1)を順に加えて手早く炒め合わせます。

 

5.完成。

このページの先頭へ