新しょうがの甘煮

スポンサーリンク

新しょうがの甘煮

新しょうがの甘煮

料理名 新しょうがの甘煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 松田美智子
放送局 NHK
放送日 2017年6月5日(月)

 

すがすがしい香りを

「初夏の保存食」というテーマで、新ショウガを使った料理の紹介。ここでは、「新しょうがの甘煮」の作り方になります。新しょうがをグラニュー糖で甘く煮てレモンを加えた、爽やかな甘煮です。アイスクリームのソースにしたり、ジンジャーエールにしたりと楽しめます。

スポンサーリンク

新しょうがの甘煮の材料(つくりやすい分量)

 

新しょうが 500g
グラニュー糖 350g
レモン汁 1コ分

 

 

新しょうがの甘煮の作り方

1.新しょうが(500g)は包丁の先で皮を薄くこそげます。

-

2.1を繊維に沿ってごく薄切りにし、数枚ずつ重ねて繊維に沿ってせん切りにします。向きを変えてごく細かいみじん切りにします。

※繊維に沿って切ると、薄く、細く切りやすい。

-

3.ホウロウ(またはガラス)の鍋に新しょうがとグラニュー糖(350g)を入れ、混ぜ合わせます。水分が出てくるまで、そのまましばらくおきます。

新しょうがの甘煮

※すぐに火にかけると焦げやすいので、しばらくおいて水分を出す。

-

4.弱火にかけ、耐熱のゴムべらなどで絶えず混ぜながら、水けが少なくなるまで煮ます。

 

-

5.半量以下になるまで煮詰まったら、火から下ろしてレモン汁(1コ分)を加え、混ぜ合わせます。

新しょうがの甘煮

※レモン汁を食わるときれいなピンク色になる。

-

6.粗熱を取り、清潔な保存容器に移します。すぐに食べられます。

新しょうがの甘煮

※ひねしょうがでつくる場合は、切ってから湯通しし、煮る前に少量の水を加えます。

●冷蔵庫で約1か月間保存可能


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ