新しょうがのつくだ煮

スポンサーリンク

新しょうがのつくだ煮

新しょうがのつくだ煮

料理名 新しょうがのつくだ煮
番組名 きょうの料理
料理人 大原 千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年6月16日(木)

 

一度ゆでこぼして、あく抜きを

【大原千鶴の季節のやさしい手仕事】というテーマで、新しょうが料理5品を紹介。ここでは、「新しょうがのつくだ煮」の作り方になります。新しょうがを一度ゆでこぼすことがポイント!アクが抜けてほどよい辛さになります。白米はもちろん、お酒にもよく合う「新しょうがのつくだ煮」です。

スポンサーリンク

新しょうがのつくだ煮の材料(つくりやすい分量)

 

新しょうが 200g
A
大さじ3+1/3
しょうゆ 大さじ3+1/3
大さじ3+1/3
砂糖 大さじ2+1/2

 

 

新しょうがのつくだ煮の作り方

1、新しょうが(200g)は水で洗い、皮付きのまま5mm幅に切る。

-

新しょうがのつくだ煮2、1を鍋に入れ、かぶるくらいの水を注いで中火にかける。沸騰したら5分間ゆで、ざるに上げて水けをきる。

※下ゆでしてアクを抜き、ほどよい辛さにする。

-

新しょうがのつくだ煮3、別の鍋にAの酒(大3+1/3)、水(大3+1/3)、しょうゆ(大3+1/3)、砂糖(大2+1/2)を入れて中火にかける。沸騰したら、しょうがを加え、落としぶたをする。弱火で約40分間煮る。

-

4、落としぶたを取り、時々混ぜながら煮汁が完全になくなるまで煮詰める。

-

新しょうがのつくだ煮5、粗熱が取れたら、保存容器に入れて、冷蔵庫で保存する。

※約2週間保存可能。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ