手打ちうどん

スポンサーリンク

手打ちうどん

料理名 手打ちうどん
番組名 きょうの料理
料理人 荻野恭子
放送局 NHK
放送日 2016年8月29日(月)

 

ポリ袋に入れてよく混ぜて

【ポリ袋でラクラク!】というテーマで、うどん料理2品を紹介していました。ここでは、「手打ちうどん」の作り方になります。本格的な手打ちうどんが、ポリ袋さえあれば簡単にできます。薄力粉、強力粉、塩をポリ袋に入れてよく混ぜ、ぬるま湯を加えたら手で30回程もんで室温で30分程ねかせれば、うどんの生地の出来あがり!あとは麺棒でのばし、包丁で切ってゆでるだけ。子供にも簡単にできるので、夏休みに親子で楽しむのにピッタリ!!

スポンサーリンク

手打ちうどんの材料(4人分)

 

基本の生地
強力粉(または中力粉) 150g
薄力粉(または中力粉) 150g 小さじ1/2
強力粉 適量
かたくり粉 適量

 

 

手打ちうどんの作り方

 

《【基本の生地】を作ります》

1、ポリ袋に強力粉(または中力粉 150g)、薄力粉(または中力粉 150g)、塩(小1/2)を入れて口を押さえ、袋ごと10回ほどふって混ぜます。

-

2、粉と塩がよく混ざったら、袋ごとボウルに入れ、ぬるま湯150gを加えます。

ボウルから取り出し、1と同様にふって混ぜます。

※ポリ袋を使うと生地が早くまとまり手も汚れない!

-

3、生地がまとまってきたら台の上に置き、粉っぽさがなくなるまで袋の上から30回ほどもむ。袋の上からひとまとめにし、室温で30分間以上休ませます。

生地を取り出して4等分に切ります。

CIMG8668

-
《生地をのばして切る》

4、台に打ち粉用の強力粉(適量)をふり、生地を1コのせ、麺棒で30×15cmにのばす。

-

5、生地に打ち粉用のかたくり粉(適量)をたっぷりとふります。

生地を裏返し、裏面にも同様に打ち粉をします。

※かたくり粉を使うのは、生地どうしのくっつきを防ぐため。

-

6、生地をびょうぶ畳みにします。

-

7、生地を端から5mm幅に切ります。残りも4~7と同様にします。

CIMG8663

●すぐに使わない分は冷凍保存に。約1か月間保存可能。

≪同日放送紹介≫

「肉汁うどん」レシピはこちら

「焼きうどん」レシピはこちら

 

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ