帆立てのトロトロ湯豆腐

帆立てのトロトロ湯豆腐

料理名 帆立てのトロトロ湯豆腐
番組名 NHKきょうの料理
料理人 藤野嘉子
放送局 NHK
放送日 2018年1月31日(水)

 

コメント

番組で好評だった「鍋」レシピを紹介。ここでは、「帆立てのトロトロ湯豆腐」の作り方になります。うまみいっぱいの帆立ての缶詰を使うので、だしいらず。とろみがあって冷めにくく、しょうがもきいているので体が温まります。鍋のしめにおすすめは春雨。スープのうまみがからまる、しめのごちそうです。

帆立てのトロトロ湯豆腐の材料(4人分)

 

絹ごし豆腐 2丁
帆立て貝柱(水煮/缶詰) (大)1缶(180g)
チンゲンサイ 2株
ねぎ 10cm
2コ
スープ カップ5
水溶きかたくり粉
かたくり粉 大さじ2
大さじ4
しょうが(細切り) 1かけ分
豆板醤 小さじ1/2
●ごま油・酒・しょうゆ

 

 

帆立てのトロトロ湯豆腐の作り方

1.チンゲンサイ(2株)は根元を洗い、縦四つ割りにして、5cm長さに切ります。

ねぎ(10cm)は5cm長さの細切りにします。

絹ごし豆腐(2丁)は軽く水けをきり、1丁を6等分に切ります。

卵(2コ)は溶きほぐします。

 

 

 

2.土鍋(炒められるタイプ)にごま油大さじ1を中火で熱し、ねぎを炒めます。

香りが出たら、チンゲンサイを加えてサッと炒め、スープ(カップ5)、酒・しょうゆ各大さじ2を加え、帆立て貝柱(水煮/缶詰 (大)1缶(180g))を缶汁ごと加えます。


※最初にねぎを炒めて香りを出す。

●水カップ5に顆粒チキンスープの素(中国風)小さじ2を溶いたもの。

 

3.煮立ったらかたくり粉(大さじ2)・水(大さじ4)を混ぜ合わせた水溶きかたくり粉(大2)を加え、とろみをつけます。

チンゲンサイが柔らかくなったら、溶き卵を回し入れます。


※玉じゃくしでかき混ぜながら水溶きかたくり粉を加えると、きれいにとろみがつく。

 

 

4.豆腐を加え、温める程度にサッと煮て火を止めます。

 

※とろみがついたところに豆腐を加えると、火が通りすぎず、ふんわり仕上がる。

 

 

5.しょうが(細切り 1かけ分)と豆板醤(小1/2)を添え、加えながら食べます。

 

 

このページの先頭へ