小豆のおはぎ

スポンサーリンク

小豆のおはぎ

小豆のおはぎ

料理名 小豆のおはぎ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 森百合子
放送局 NHK
放送日 2017年6月22日(木)

 

小豆あんの塩けがアクセント

「和っていいなぁ♪」というテーマで、手のひらサイズのカラフルなおはぎを紹介。ここでは、「雑穀もち」を「小豆あん」で包んだ「小豆のおはぎ」の作り方になります。小豆あんの塩けがアクセント!

スポンサーリンク

小豆のおはぎの材料(11コ分)

 

雑穀もち
もち米 135g
好みの雑穀 15g
1つまみ
小豆あん 275g
雑穀もち 330g

 

 

小豆のおはぎの作り方

 

雑穀もちを作る

1.もち米(135g)と好みの雑穀(15g)は合わせて粗い、水につけて6時間ほどおきます(気温が高い季節は冷蔵庫に入れる)。

小豆のおはぎ

●好みの雑穀はもち麦・押し麦など(赤米は避ける)

-

2.1の水けをきって炊飯器の内釜に入れ、白米1合分の水加減にして塩(1つまみ)を加えます。白米モードで炊きます。

 

-

3.炊き上がったらしゃもじで素早く混ぜます。ボウルに入れ、ラップをぴったりと貼りつけて、しばらく冷まします。

 

-

4.触れるくらいの温度になったら、手でもち米をつぶします。時々返しながら、粒が5割ほど残る程度にします。

小豆のおはぎ

※エンボスタイプのポリ袋を使うと、くっつかず作業がしやすい。手首を輪ゴムでとめ、サラダ油を薄く塗るとよい。おはぎをつくるときも同様。

小豆のおはぎを作る

1.小豆あん(275g)と雑穀もち(330g)を、それぞれ11等分にして丸めます。

小豆のおはぎ

「小豆あん」レシピはこちら

 

-

2.あんを手のひらで直径5~6cm程度にのばし、もちをのせます。

小豆のおはぎ

-

3.あんで、もちを包みます。下部は包まず残し、手のひらで転がしながら全体を丸く成形し、小豆のおはぎの完成。

小豆のおはぎ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ