小豆あん・甘めの小豆あん・白あん

スポンサーリンク

小豆あん・甘めの小豆あん・白あん

小豆あん・甘めの小豆あん・白あん

料理名 小豆あん・甘めの小豆あん・白あん
番組名 NHKきょうの料理
料理人 森百合子
放送局 NHK
放送日 2017年6月22日(木)

 

3種類のあんを

「和っていいなぁ♪」というテーマで、手のひらサイズのカラフルなおはぎを紹介。ここでは、ベースの「小豆あん・甘めの小豆あん・白あん」の作り方になります。あんは全部で3種類あります。白あんは小豆あんよりも早く柔らかくなるので、ゆで具合を早めに確認します。また、焦げやすいので注意しましょう。

スポンサーリンク

小豆あん・甘めの小豆あん・白あんの材料(つくりやすい分量)

 

小豆あん(でき上がり約730g)
小豆 250g
グラニュー糖 210g
1つまみ
甘めの小豆あん(でき上がり約860g)
小豆 250g
グラニュー糖 340g
1つまみ
白あん(でき上がり約680g)
白いんげん豆 250g
グラニュー糖 200g

 

 

小豆あん・甘めの小豆あん・白あんの作り方

1.小豆(250g)は水を3回かえてよく洗います。鍋に入れて豆より1cm上まで水を加え、強火にかけます(甘めの小豆あん:小豆250g。白あん:白いんげん豆 250g)。

 

-

2.沸騰して豆が浮いてきたら水(カップ2と1/2)を加えます。再び沸騰したら火を止め、ふたをして40分間蒸らします。

小豆あん・甘めの小豆あん・白あん

※蒸らす時間に豆の内側に水分が吸収されて、ふっくらと仕上がる。

-

3.いったんゆで汁を捨て、豆の3cm上まで水を加えて、再び強火にかけます。沸騰したら湯の表面がユラユラと揺れる程度の弱火にし、アクを取りながら30~40分間ゆでます。

湯が少なくなり、豆が水面から出そうになったら水を適宜足し、常に豆が水面から出ないようにします。

小豆あん・甘めの小豆あん・白あん

※グラグラと湯が揺れるほど強火でゆでると皮が破れてしまう。

-

4.豆を指でつぶしてみて、簡単につぶれるくらい柔らかくなったら火から下ろします。ゆで汁が豆の高さくらいになるよう、多ければ捨てて調節し、ゆで汁ごとボウルに移します。

※グラニュー糖を加えるとそれ以上柔らかくならないので、十分柔らかくなるまでゆでておきます。まだ堅ければ、重曹(分量外)を1つまみ加え、5分間ずつ様子をみながらゆでます。

※白あんは小豆あんよりも早く柔らかくなるので、ゆで具合を早めに確認します。また、焦げやすいので注意します。

-

5.あいた4の鍋にグラニュー糖(210g)と水カップ1/2を入れ、強火にかけ、かき混ぜて溶かします。1分間沸騰させます。4を戻し入れ、中火で煮ます(甘めの小豆あん:グラニュー糖340g。白あん:グラニュー糖200g)。

小豆あん・甘めの小豆あん・白あん

-

6.煮詰まってきたら弱火にして塩(1つまみ)を加え、木べらで鍋底から混ぜながら水分をとばします(甘めの小豆あん:塩1つまみ。白あん:塩なし)。すくってポトリと落とすくらいまで煮詰めたら、バットなどに1すくいずつのせて冷まします。

小豆あん・甘めの小豆あん・白あん

●あんの保存方法:残ったあんは、ラップでぴっちりと包んで冷凍庫へ。2週間ほど保存できます。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ