小松菜のかにたまあんかけ

小松菜のかにたまあんかけ

小松菜のかにたまあんかけ

料理名 小松菜のかにたまあんかけ
番組名 きょうの料理
料理人 大原 千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年1月20日(水)

 

味のからみをよくするひと工夫

【大原千鶴の野菜を味わう京ごはん】シリーズでは、今月はアクが少なく、生のまま炒めることができるなど重宝な野菜「小松菜」を使った料理を紹介。ここでは、「小松菜のかにたまあんかけ」の作り方になります。小松菜は細かく刻んで、とろみをつけたあんをかけます。味のからみをよくするひと工夫がおいしく調理するコツ!

小松菜のかにたまあんかけの材料(2人分)

 

小松菜 50g
かにの身 (缶詰)正味40g
溶き卵 2コ分
甘酢
米酢 大さじ1
砂糖 大さじ1
うす口しょうゆ 大さじ1
だし 大さじ2
水溶きかたくり粉
かたくり粉 小さじ1
小さじ2
ごま油 小さじ1

 

 

小松菜のかにたまあんかけの作り方

1、小松菜(50g )は根元を切り、細かく刻む。

※細かく刻んで、味を絡みやすく

小松菜のかにたまあんかけ2、フライパンにごま油(小1 )を中火で熱し、小松菜をサッと炒める。かにの身((缶詰)正味40g )を加えてサッと炒め、溶き卵(2コ分 )を一気に流し入れる。途中でざっと混ぜ、へらなどで形づくる。表面が固まったら、火を止める。

※サッと炒めてシャキシャキ感を残す

※卵でとじることで、味を絡みやすく

小松菜のかにたまあんかけ3、鍋に甘酢の米酢(大1)、砂糖(大1)、うす口しょうゆ(大1)、だし(大2)を入れ、中火にかける。煮立ったらかたくり粉(小1)と水(小2)を混ぜ合わせた水溶きかたくり粉を加えてとろみをつけ、火を止める。

※甘酢あんのとろみで味を絡める

小松菜のかにたまあんかけ4、器に2を盛り、3の甘酢あんをかけて、小松菜のかにたまあんかけの完成。

このページの先頭へ