小松菜のおひたし

スポンサーリンク

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

料理名 小松菜のおひたし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2015年9月3日(木)

 

サッとゆでてすぐ冷水に

【栗原はるみの定番ごはん】では、「和風ハンバーグ」を紹介。合わせて「小松菜のおひたし」の作り方も紹介していました。味わいやさしく、見た目にも涼やかな一品。サッとゆでてすぐ冷水にとることで、小松菜の鮮やかな色合いが保てます。和風ハンバーグにもよく合います。

スポンサーリンク

小松菜のおひたしの材料(4人分)

 

小松菜 (大)1ワ(400g)
削り節 適量
少々
(合わせ地)
だし(常温) カップ1と1/2
うす口しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
少々

 

 

小松菜のおひたしの作り方

小松菜のおひたし1.カップなどに合わせ地の常温に戻しただし( カップ1と1/2)、うす口しょうゆ(大2)、煮切ってアルコール分をとばしたみりん(大2)、塩(少々)を入れて混ぜ合わせる。

※みりんのまろやかな甘みが決め手

2.小松菜((大)1ワ(400g))はよく洗い、根元の際を切る。

3.鍋に湯を沸かし、塩(少々)を入れる。小松菜は1ワを3回に分けてゆでる。根元のほうから湯に入れて葉までつけ、30秒~1分間ゆでて順に氷水にとる。ざるに上げ、軸をそろえて持ち、水けをよく絞る。

※ゆでたらすぐに氷水にとり、小松菜の鮮やかな色を引き出す

小松菜のおひたし4.根元を切り落として4~5cm長さに切り、さらに水けを絞ってからパットに並べ入れ、1を注ぐ。

小松菜のおひたし5.冷蔵庫に入れてしばらく冷やし、合わせ地ごと器に盛る。削り節(適量)をのせて、小松菜のおひたしの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ