実ざんしょうのしょうゆ漬け

スポンサーリンク

実ざんしょうのしょうゆ漬け

実ざんしょうのしょうゆ漬け

料理名 実ざんしょうのしょうゆ漬け
番組名 きょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年5月19日(木)

 

実ざんしょうをしょうゆに漬けて

【大原千鶴の季節のやさしい手仕事】というテーマで、さんしょうを使った料理5品を紹介。ここでは、「実ざんしょうのしょうゆ漬け」の作り方になります。下処理した実ざんしょうをしょうゆに漬けるだけ。簡単で香りいっぱいの「実ざんしょうのしょうゆ漬け」。手軽に丼物や煮物のアクセントなど、いろいろと使えます。実ざんしょうは指で押して、外側が簡単につぶれるのを目安にゆで上げましょう。

スポンサーリンク

実ざんしょうのしょうゆ漬けの材料(つくりやすい分量)

 

実ざんしょう 200g(正味)
少々
しょうゆ 大さじ4

 

 

実ざんしょうのしょうゆ漬けの作り方

 

《実ざんしょうの下処理》

1、実ざんしょう(200g(正味) )は小枝から外す。作業はポリ手袋をしながら行うとよい。流水で洗い、ざるに上げる。

※実に付いた細い軸は付いていてもさほど食感に影響はないので、そのままにしておいてよい。

●しょうゆ漬けに使う実ざんしょうは50gだが、下処理は200gを一度にしてしまうとよい。

-

実ざんしょうのしょうゆ漬け2、鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(少々)を入れる。実ざんしょうを加えて約7分間ゆで、ざるに上げる。

※刺激を減らし色よく仕上げるためしっかりとゆでる

-

3、たっぷりの水につけ、約1時間おいてアクを抜く。

-

実ざんしょうのしょうゆ漬け4、ざるに上げて水けをよくきり、紙タオルで水けをよく拭く。

※冷凍用の保存袋に入れ冷凍庫で約1年間保存可能

-
《しょうゆ漬けにする》

実ざんしょうのしょうゆ漬け5、下処理した実ざんしょう50gを煮沸消毒した保存瓶に入れ、しょうゆ(大4)を加える。冷蔵庫に入れ10日後ごろからおいしく食べられる。

●しょうゆは実ざんしょうがヒタヒタになるくらいの量が目安。実ざんしょうの分量に合わせて調整する。

※冷蔵庫で約半年間保存可能。冷凍対応の保存袋に入れて冷凍する。冷凍庫で約1年間保存可能。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

しょうゆの人気レシピ

第1位

どんどん食べちゃう!キュウリとシラスの胡麻醤油和え

どんどん食べちゃう!キュウリとシラスの胡麻醤油和え

この組み合わせ、大好きです♡ ポリポリ食べ過ぎちゃいます(^O^)

第2位

大根の漬物 割り干し大根で”はりはり漬け”

大根の漬物 割り干し大根で”はりはり漬け”

ハリハリと歯ごたえのいい大根のお漬物です。噛むとはりはりと音がするところからその名が付いたとも言われています。

第3位

簡単でうまい!ホタテのバターソテー

簡単でうまい!ホタテのバターソテー

おつまみにもおかずにもなるひと品です!簡単なのに絶品です(ΦωΦ)フフフ・・・・

第4位

あると便利!醤油漬け卵

あると便利!醤油漬け卵

卵黄をだし醤油に浸けて、冷蔵庫でひと晩寝かせた醤油卵です。 茹でたうどんや、ご飯にのせて漬け醤油ごといただきます。

このページの先頭へ