塩むすび

スポンサーリンク

塩むすび

塩むすび

料理名 塩むすび
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2014年10月30日(木)

 

新米ならより美味しい塩むすび

新米がおいしい季節には、ぜひ炊きたて熱々のご飯を「塩むすび」で。と土井善晴さんが塩むすびの作り方を紹介していました。形をよく整えようとせずに、米粒をつぶさないようやさしくにぎるところが、おいしさの秘訣です。

スポンサーリンク

塩むすびの材料(作りやすい量)

 

400ml(カップ2)
適量

 

 

塩むすびの作り方

塩むすび1、米(400ml(カップ2))は洗ってざるに上げ、40分間ほどおく(洗い米)。

※洗い米をすることで、余分な水気がきれ、必要な水分だけを芯まで吸わせることが出来る

-

塩むすび2、洗い米を炊飯器に入れ、同量の水を加えて炊く。

-

3、手は念入りに洗う。さらしの布巾は水洗いして固く絞る。茶碗はご飯粒がつかないように水にくぐらせる。

-

塩むすび4、絞った布巾を手にかけ、茶碗を持つ。熱々のご飯をよそってもう一方の手にもちかえ、布巾の上にのせる。

-

塩むすび5、軽くキュッキュッと2回にぎって杉板の上に転がす。これを繰り返す。

-

塩むすび6、手に程よく水をつけ、塩(適量)を全体に広げ5のご飯をにぎる。

※形よく整えようと気負わず、米粒をつぶさないよう、やさしくにぎる

-
塩むすび

塩むすび

7、皿に盛り、塩むすびの完成。

-

塩むすび●海苔を巻いたり、ごまをまぶしてもアクセントに!


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ