和風みょうがの甘酢漬け

スポンサーリンク

和風みょうがの甘酢漬け

和風みょうがの甘酢漬け

料理名 和風みょうがの甘酢漬け
番組名 きょうの料理
料理人 藤野 賢治,藤野 嘉子
放送局 NHK
放送日 2015年6月11日(木)

 

甘酢に漬けて、くせを抑えて

【家族で楽しむ 初夏の手仕事】ということで、「和風みょうがの甘酢漬け」の作り方の紹介です。香りがクセになるみょうが。今回は甘酢に漬けて、くせを抑えてぐっと食べやすく仕上げます。みりんの甘みや昆布のうまみが加わった、酸の角が取れてまろやかな和風みょうがの甘酢漬け、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

和風みょうがの甘酢漬けの材料(つくりやすい分量)

 

みょうが 15コ
粗塩 大さじ1
昆布 (3cm四方)1枚
(和風甘酢)
カップ3/4
みりん カップ1/4
カップ1と1/4
砂糖 大さじ4

 

 

和風みょうがの甘酢漬けの作り方

 

《塩をまぶす》

1、みょうが(15コ)は洗って根元を少し切り落とし、断面から縦に1.5cmほど切り目を入れる。

※みょうがは、先端が開いていたり、つぼみや花のついたものは避け、丸みを帯びて張りのあるものを選ぶとよい。長期間保存するものではないので、1週間から10日間で食べきりやすい数を漬ける。

 

-

和風みょうがの甘酢漬け2、ボウルに入れて粗塩(大1)をまぶし、水けが出るまで1時間ほどおく。

 

-

 

《甘酢に漬ける》

3、鍋に甘酢の酢(カップ3/4)、みりん(カップ1/4)、水(カップ1と1/4)、砂糖(大4)を入れて中火にかける。

沸騰したら火を止め、昆布((3cm四方)1枚)を加えてしばらくおき、人肌程度に冷ます。

※火を止めてから昆布を加えて、ひと肌まで冷やす

●甘酢を煮立てる鍋は、酸に強いステンレスやホウロウ製のものを。

-

和風みょうがの甘酢漬け4、清潔な保存容器に2の水けを軽くきって入れ、3を注ぐ。

※周りの塩は拭いたり洗い流したりしなくてよい。

●漬ける容器も酸に強いガラスやホウロウがおすすめ。みょうが15コなら、容量500~750mlのものがちょうどよい。

-

和風みょうがの甘酢漬け5、みょうがが完全に浸るように、容器の大きさに合わせて切った不織布タイプの紙タオルをのせ、ふたをして冷蔵庫に一晩以上おく。

※2~3日後から食べごろ。冷蔵庫で1週間~10日間保存可能。

 

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

みょうがの人気レシピ

第1位

冷しゃぶサラダ♪自家製★大根おろしドレッシングがけ

冷しゃぶサラダ♪自家製★大根おろしドレッシングがけ

大根おろしたっぷりの自家製おろしポン酢のドレッシングでお肉をさっぱりと♪ 余分な脂をちょっとでも落とせる冷しゃぶサラダをさっぱりと♪

第2位

さっぱりおいしい!みょうがときゅうりのサラダ

さっぱりおいしい!みょうがときゅうりのサラダ

みょうが好きなら絶対好きな味だと思います。

第3位

ミョウガの甘酢漬け★きれいなピンク色にするコツ

ミョウガの甘酢漬け★きれいなピンク色にするコツ

きれいに漬かると嬉しくなります。 赤くなるコツは・・・

第4位

薬味たっぷり☆アジのタタキ☆

薬味たっぷり☆アジのタタキ☆

新鮮なアジで作りました (*^^*)

このページの先頭へ