味つき棒ビフカツ

スポンサーリンク

味つき棒ビフカツ

味つき棒ビフカツ

料理名 味つき棒ビフカツ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 堀江ひろ子
放送局 NHK
放送日 2016年4月6日(水)

 

スティック状のビフカツ

【スティック肉のうれしいおかず】というテーマで、牛肉を使った料理3品を紹介。ここでは、「味つき棒ビフカツ」の作り方になります。スティック状にした牛ステーキ肉を揚げたビフカツです。下味も衣もからみやすいのもスティックならでは。何もつけずにそのままいただきます。冷めてもおいしいから、お弁当にもおすすめです。

スポンサーリンク

味つき棒ビフカツの材料(2人分)

 

牛ステーキ肉 1枚(160g)
ウスターソース 小さじ4
パン粉 カップ1/2
葉野菜 適量
レモン(くし形に切る) 適量
●マヨネーズ・かたくり粉・小麦粉・揚げ油

 

 

味つき棒ビフカツの作り方

味つき棒ビフカツ1.牛ステーキ肉(1枚(160g))は料理ばさみで筋切りし、脂身を切り離す。縦に人さし指大のスティック状に切り、ボウルに入れてウスターソース(小4)をよくもみ込む。

汁けがなくなったらマヨネーズ(大1)を加えて混ぜ、かたくり粉・小麦粉(各大1)を加えて混ぜる。

-

2.ポリ袋にパン粉(カップ1/2)を入れ、1の牛肉を加えてまぶす。

※ポリ袋を使えば手も汚れず衣も絡みやすい

-

味つき棒ビフカツ3.フライパンに揚げ油を1cmほど入れて中温より高めの温度に熱し、2を揚げ焼きにする。

きつね色になったら新聞紙と紙タオルを重ねた上にとり、油をきる。

-

味つき棒ビフカツ4.皿に盛り、リーフレタス、水菜などの葉野菜(適量)とレモン(くし形に切る 適量)を添えて、味つき棒ビフカツの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ