レモンカード

スポンサーリンク

レモンカード

レモンカード

料理名 レモンカード
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年3月23日(木)

 

レモンのフレッシュな香り

「大原千鶴の 季節のやさしい手仕事」シリーズでは、イチゴとレモンを使った料理を紹介していました。ここでは、「レモンカード」の作り方になります。旬も終わりにさしかかった国産レモン。皮も果汁も丸ごと使いましょう。果汁を卵、バター、砂糖で固めます。

スポンサーリンク

レモンカードの材料(つくりやすい分量)

 

レモン(国産) 2コ
2コ
バター 60g
砂糖 100g

 

 

レモンカードの作り方

1.レモン(国産 2コ)は皮の表面の黄色い部分をおろし金でおろし、残った実は半分に切って果汁を搾り、70ml用意します。常温に戻しておいた卵(2コ)はボウルに割り入れてよく溶きほぐし、ざるでこします。

 

2.鍋に水(適量)を入れて火にかけ、60~70℃にして、湯煎用の湯を準備します。

※湯煎の温度が高すぎると、なめらかに仕上がらないので注意します。

 

3.湯煎の湯を弱めの中火にし、ステンレスかホウロウの小鍋に2cm角に切って室温に戻しておいたバター(60g)を入れて湯煎にかけます。バターが溶けたら、レモン汁、レモンの皮を加え、砂糖(100g)を少しずつ加えて混ぜます。

レモンカード

砂糖が溶けたら、卵を一度に加えて、とろみがつくまでへらで約5分間混ぜます。

レモンカード

4.レモンカードの完成。

レモンカード

●清潔な保存瓶に入れ、冷蔵庫で約1か月間保存可能。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ