ラップにぎり

ラップにぎり

料理名 ラップにぎり
番組名 NHKきょうの料理
料理人 堀江ひろ子
放送局 NHK
放送日 2018年3月28日(水)

 

コメント

【毎日きちんとお弁当】というテーマで、料理を紹介。ここでは、堀江ひろ子さんによる「ラップにぎり」の作り方になります。おむすびはラップで包むので、調理のときも食べるときも手が汚れません。

ラップにぎりの材料(4人分)

 

360ml(2合)
昆布(5cm四方) 1枚
いり卵
2コ
はちみつ 大さじ1
少々
魚そぼろ
さんまの味つき缶詰(しょうゆ味) 1缶(正味110g)
しょうが(すりおろす) 小さじ1
すりごま(白) 大さじ1
グリンピース(ゆでたもの)・桜の花の塩漬け 各適量
●酒・塩

 

ラップにぎりの作り方

1.米(360ml(2合))は洗って普通に水加減し、昆布(5cm四方 1枚)と酒大さじ1を加えて炊きます。

炊き上がったら塩小さじ3/4を加えて混ぜます。

 

 

 

2.いり卵を作ります。

深めの耐熱ボウルに卵(2コ)とはちみつ(大1)、塩(少々)を入れて泡立て器でよくほぐし混ぜます。

ラップをせずに電子レンジ(600W)に2分間ほどかけ、泡立て器で細かくつぶします。

 

 

 

3.魚そぼろを作ります。

小鍋にさんまの味つき缶詰(しょうゆ味 1缶(正味110g))を入れ、しょうが(すりおろす 小1)を加えて、へらでよくつぶします。中火にかけていりつけ、すりごま(白 大1)を加えて混ぜます。


●いわしなど好みのものでもよい。

4.茶碗などにラップを敷き、グリンピースや塩抜きした桜の花の塩漬け(各適量)、2や3、ご飯の順に重ねて、ラップの口をねじって丸く形づくります。

 

5.完成。

このページの先頭へ