ラズベリーチョコレートケーキ

ラズベリーチョコレートケーキ

料理名 ラズベリーチョコレートケーキ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 飯塚有紀子
放送局 NHK
放送日 2018年2月7日(水)

 

コメント

ケーキの型がなくても、初めてでも、失敗なし!軽やかなのにリッチな味わいが楽しめる、バレンタインにぴったりのチョコレートケーキ「ラズベリーチョコレートケーキ」の作り方になります。スポンジ型やパウンド型などがなくてもできる、バットでつくるチョコレートケーキです。軽やかなのにリッチな味わいも楽しめて、幅広い世代に喜ばれるバレンタインスイーツ。

ラズベリーチョコレートケーキの材料(21×16×深さ3cmのバット1台分)

 

ラズベリー(冷凍) 100g
A
チョコレート 100g
バター(食塩不使用) 100g
B
グラニュー糖 100g
薄力粉 40g
ベーキングパウダー 小さじ1
溶き卵(L) 2コ分
シロップ
グラニュー糖 10g
10ml
ラズベリーの果汁 全量
キルシュ(好みで) 大さじ1/2
チョコレート 100g
生クリーム(乳脂肪分45%) 40g
バター(食塩不使用) 15g
キルシュ(好みで) 小さじ1
ラズベリー(生) 適宜

 

 

ラズベリーチョコレートケーキの作り方

つくる前にしておくこと

・ボウルに重ねたざるにラズベリー(100g冷凍)を凍ったまま入れて常温で解凍し、果実と果汁に分けておきます。

・バットにオーブン用の紙を側面より1cmくらい高くなるように敷きます。

・オーブンを180℃に温めておきます。

・10cm四方に切った厚紙を用意しておきます。

 

1.生地をつくる。耐熱ボウルにAのチョコレート(100g)・バター(食塩不使用 100g)を入れ、底を沸騰した湯につけてゴムべらで混ぜ、溶かします(湯煎)。

 

2.Bのグラニュー糖(100g)・薄力粉(40g)・ベーキングパウダー(小さじ1)を合わせ、別のボウルにふるい入れ、泡立て器でざっと混ぜます。

1と溶き卵(L 2コ分)を順に加え、粉っぽさがなくなるまでグルグルとよく混ぜます。

 

 

3.バットに流し入れ、ゴムべらで表面をならします。180℃に温めたオーブンで30分間焼きます。

 

 

4.焼き上がったらバットごと網にのせて5分間おきます。

バットと紙を外して、生地を網にのせ、冷めるまでおきます。

 

 

 

5.シロップをつくる。小鍋にグラニュー糖(10g)と分量の水(10ml)を入れて中火で沸騰させ、冷まします。

ボウルに移し、ラズベリーの果汁(全量)、キルシュ(好みで 大1/2)を加えて混ぜます。

 

 

6.チョコレートクリームをつくる。耐熱ボウルにチョコレート(100g)を入れ、底を60℃の湯につけます(湯煎)。小鍋に生クリーム(乳脂肪分45% 40g)を入れて中火で沸騰させ、チョコレートに加えます。

ゴムべらでゆっくり混ぜ、照りを出します。バター(食塩不使用 15g)を加えて溶かし、キルシュ(好みで 小1)を加えます。

 

 

 

7.4の生地を13×13cmの正方形になるように、パン切り包丁(または温めた長めの包丁)で四方を切り落とし、厚みを半分に切ります。

 

 

 

8.裏返したバットの中央に10cm四方の厚紙を敷き、7の生地1枚の切り口を上にしてのせ、5のシロップをはけで塗ります。6のチョコレートクリーム1/4量をパレットナイフで塗り、解凍したラズベリーを並べて平らにし、さらに6の1/4量を塗ります。

 

9.残り1枚の生地の切り口にシロップを塗り、切り口を下にして8に重ねます。

上面全体にシロップを塗ります。

 

 

10.6のチョコレートクリームの残りを上面と側面全体に塗り、固まるまで常温に1時間ほどおき、好みでラズベリー(生 適宜)を飾ります。厚紙との間にパレットナイフを入れてバットから外します。

このページの先頭へ