ポリ袋でなすのぬか漬け

スポンサーリンク

ポリ袋でなすのぬか漬け

ポリ袋でなすのぬか漬け

料理名 ポリ袋でなすのぬか漬け
 番組名 きょうの料理
 講師 荻野恭子
 放送局 NHK
 放送日 2014年7月2日(水)

夏はぬか床に最適の季節

夏はぬか床が程よく発酵し、うまく漬かる季節です。ポリ袋なら少量でもぬか床が作れ、置くスペースもとらず、しかも手入れがラク。昆布や大豆からうまみが出て、香味野菜で風味アップ。

ポリ袋でなすのぬか漬けの材料(作りやすい量)

なす 3コ
捨て漬け用野菜 適量

捨て漬け用野菜は、大根、ニンジンのヘタや皮、大根の葉、キャベツの外葉など、くず野菜でよい。

ぬか床
生ぬか 500g
昆布(5×8cm) 2枚
にんにく(皮付き) 1かけ
しょうが(皮付き) 1かけ
赤とうがらし 1本
大豆(乾) 20g
50g
カップ2+1/2(500ml)

スポンサーリンク

作り方

ぬか床の準備

ポリ袋でなすのぬか漬け1、ポリ袋に、ぬか床の水以外の材料を入れる。

  • 生ぬか 500g
  • 昆布(5×8cm) 2枚
  • にんにく(皮付き) 1かけ
  • しょうが(皮付き) 1かけ
  • 赤とうがらし 1本
  • 大豆(乾) 20g
  • 塩 50g
 –

ポリ袋でなすのぬか漬け2、ぬか床用の水を少しずつ注ぎ、ぬかに水がしみ込むまでざっと混ぜる。

ポリ袋でなすのぬか漬け3、ポリ袋の空気を抜きながら、ぬかの上で袋をねじるようにしてまとめる。片手で袋のねじり口を持ち、もう一方の手で袋の上からぬかを混ぜる。

ポリ袋でなすのぬか漬け4、ぬかがしっとりしたら、捨て漬け用野菜をぬか床に埋め、袋の空気を向いて口を結ぶ。1日1回混ぜ、3~4日間、暗くて涼しい場所でぬか床を発酵・熟成させる。捨て漬け用野菜は毎日とりかえるとうまみが増す。取り出した捨て漬け用野菜は刻んで食べるとよい。

なすを入れる

ポリ袋でなすのぬか漬け5、なすはヘタを落とし、塩1つまみをまぶしてもむ。なすが少し柔らかくなるまでもむと、早く味がしみ込み、色よく漬かる。

ポリ袋でなすのぬか漬け6、なすをぬか床の底に入れて完全に埋め、口を結ぶ。もう1枚のポリ袋で二重にする。暗くて涼しい場所に6~12時間おき、好みの下限につける。ぬかを洗い落とし、食べやすい大きさに切って器に盛る。

※ぬか床は、作って1週間ほどしたら冷蔵庫の野菜室に入れると、味が変わりにくく、おいしく漬かる状態に保てる。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ