ボイルドビーフのミネストローネ

スポンサーリンク

ボイルドビーフのミネストローネ

ボイルドビーフのミネストローネ

料理名 ボイルドビーフのミネストローネ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2017年7月6日(木)

 

牛肉をミネストローネのスープに

「土井善晴の味こよみ」シリーズで、土井善晴さんが料理を紹介。ここでは、「ボイルドビーフのミネストローネ」の作り方になります。牛肉をミネストローネのスープに沈めてつくる極上の一品。肉にチーズをおろしかけて塩をつけ、オリーブ油をかけるなどしてお楽しみください。

スポンサーリンク

ボイルドビーフのミネストローネの材料(4人分)

 

牛ヒレ肉(2cm厚さ) 4切れ(1切れ約120g)
たまねぎ 1コ(250g)
じゃがいも 3~4コ(400g)
きゅうり 3本(300g)
パプリカ(赤) 1コ(200g)
トマト 2コ(360g)
にんにく 1かけ
黒オリーブ 8コ
赤とうがらし 3本
パルメザンチーズ 適宜
●塩・こしょう・オリーブ油

 

 

ボイルドビーフのミネストローネの作り方

1.たまねぎ(1コ(250g))は1cm角に、じゃがいも(3~4コ(400g))は皮をむいて1cm角に切ります。きゅうり(3本(300g))は両端を切り落としてところどころ皮をむき、1cm幅の小口切りにします。パプリカ(赤 1コ(200g))はヘタと種を取り除き、1cm四方に切ります。トマト(2コ(360g))は2~3cm角に切ります。にんにく(1かけ)はたたいてつぶしてから粗く刻みます。

ボイルドビーフのミネストローネ

※オクラ、ズッキーニ、なすなど、いろいろ合わせても。野菜の大きさは、スプーンにのせて口に運ぶことを想像して切ります。

-

2.牛ヒレ肉(2cm厚さ 4切れ(1切れ約120g))は塩・こしょう(各適量)をふり、10分間ほどおいて下味をつけます。

※肉は柔らかい赤身のヒレ肉を選ぶとよい。

-

3.鍋にオリーブ油(大さじ4)と1のにんにくを入れて中火で熱し、香りがたったらたまねぎ、きゅうり、パプリカを加えて少ししんなりするまで炒めます。

-

4.3にじゃがいも、トマト、黒オリーブ(8コ)、赤とうがらし(3本)、塩(小さじ2/3)、こしょう(適量)、水(カップ3)を加えて強火で煮ます。沸騰したらアクを取り、そのまま強火で9~10分間煮ます。

ボイルドビーフのミネストローネ

※強火で煮立てることでとろみがつき、スープが少し白濁します。

-

5.スープを煮ている間に、牛肉1切れずつにたこ糸(1本約80cm)をかけて結ぶ。片方の糸端は長く残しておきます。

-

6.4に5の肉を結んだたこ糸の長い糸端をまとめて持ち、野菜の間に埋め込むように入れて2分間煮ます。火を止めて5~8分間ほどそのままおき、余熱でじわりと火を通します。

ボイルドビーフのミネストローネ

-

7.たこ糸を引き上げて牛肉を取り出し、たこ糸を外して、器にミネストローネと一緒に盛りつけます。

ボイルドビーフのミネストローネ

※肉にチーズをおろしかけて塩をつけ、オリーブ油をかけるなどしてお楽しみください。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ