パプリカチキングリル

スポンサーリンク

パプリカチキングリル

パプリカチキングリル

料理名 パプリカチキングリル
番組名 きょうの料理
料理人 有元葉子
放送局 NHK
放送日 2016年7月11日(月)

 

風味よいチキングリル

【マリネが決め手!夏のしみこみおかず】というテーマで、料理3品を紹介。ここでは、「パプリカチキングリル」の作り方になります。赤パプリカをペースト状にして鶏肉をマリネし、シンプルに焼いた一品。冷めてもおいしいです。淡白な鶏むね肉がパプリカで深みのある味わいに仕上がります。イカやアジなどもマリネ液によく合います。

スポンサーリンク

パプリカチキングリルの材料(2人分)

 

鶏むね肉 2枚(400g)
A
パプリカ (赤/ヘタと種を取ってザク切り)1コ分
パプリカパウダー 大さじ1
クミンパウダー 小さじ1/2~1
にんにく 1かけ
赤とうがらし (ヘタと種を取る)1/2~1本
小さじ2/3
好みの葉野菜 適量
レモン (くし形切り)適量
適量
オリーブ油 適量

 

 

パプリカチキングリルの作り方

 

1、マリネ液をつくる。下記Aをすべてフードプロセッサーにかけてペースト状にする。

パプリカ (赤/ヘタと種を取ってザク切り)1コ分
パプリカパウダー 大さじ1
クミンパウダー 小さじ1/2~1
にんにく 1かけ
赤とうがらし (ヘタと種を取る)1/2~1本
塩 小さじ2/3

2、鶏むね肉(2枚(400g))は余分な脂を除いて塩(適量)をふり、1時間ほどおく。水分が出てきたら紙タオルで拭き取る。

パプリカチキングリル3、バットに鶏肉を入れ、1を両面にたっぷり塗り、ラップまたはステンレス製のふたをして30分~1時間ほどおいて味をなじませる。

※30分~1時間ほどおくと香りよく味もしみる。マリネした状態で、冷蔵庫で1日間保存可能。

4、オーブンに入れて使えるタイプのフライパンを中火で熱し、オリーブ油(適量)を入れて3を加え、少し焼く。

パプリカチキングリル5、220℃に温めたオーブンに4をフライパンごと入れ、20~25分間ほど焼き、上面にこんがりと焼き色をつける。

※ロースターで焼く場合は、網に直接のせて強にセットする。魚焼きグリルの場合も同様にのせ、中火にする。どちらも両面を16~25分間、様子をみながら焼き色がつくまで焼く。

パプリカチキングリル6、器に盛り、オリーブ油(適量)をかける。好みの葉野菜(適量)を食べやすく切って添え、レモン((くし形切り)適量)を搾り、パプリカチキングリルの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ