ツナ缶のテリーヌ風

ツナ缶のテリーヌ風

料理名 ツナ缶のテリーヌ風
番組名 NHKきょうの料理
料理人 堀江泰子
放送局 NHK
放送日 2018年5月29日(火)

 

コメント

時短・つくりおき・手軽さのアイデア満載のレシピを、当時の映像で紹介。ここでは、堀江泰子さんによる「ツナ缶のテリーヌ風」の作り方になります。地味な缶詰料理のイメージを払拭。手軽なツナ缶を2種類の味つけで層にし、華やかに仕上げました。つくり置けば、忙しいときや来客時に助かります。

ツナ缶のテリーヌ風の材料(4人分)

 

ツナ(缶詰/200gのもの/かつおの缶詰でもよい) 2缶
レモン汁 大さじ1
たまねぎ(すりおろす) 小さじ2
粉ゼラチン 10g
うずらの卵(固ゆでしたもの) 6コ
スタッフドオリーブ(またはきゅうりのピクルス) 16コ
チコリ(エンダイブ)・プチトマト 各適量
●マヨネーズ・トマトケチャップ

 

 

ツナ缶のテリーヌ風の作り方

1.ツナ(缶詰/200gのもの/かつおの缶詰でもよい 2缶)は缶から出し、汁けをきってボウルに入れ、細かくほぐし、レモン汁(大1)、たまねぎ(すりおろす 小2)、マヨネーズカップ1/2を加え、なめらかに混ぜ合わせます。

 

 

 

2.粉ゼラチン(10g)は、水大さじ6の中にふり入れてふやかし、湯煎にかけて溶かし、熱いうちに1に加えて手早く混ぜ合わせます。

 

 

 

3.2の半量を別のボウルにとり、トマトケチャップ大さじ2を加えて混ぜ合わせます。

※あれば、トマトペースト大さじ1くらいを入れると、いっそう色がよくなる。

 

 

4.パウンド型にアルミ箔を敷き、残りの2を流し入れ、表面を平らにし、中央にうずらの卵(固ゆでしたもの 6コ)を、両側にスタッフドオリーブ(またはきゅうりのピクルス 16コ)を並べます。

 

 

 

5.次に、3のタネを入れ、押さえるように詰め、表面をきれいにならし、ラップをかぶせ、冷蔵庫で冷やし固めます。

※固める時間の目安は約2時間、急ぐ場合は、パウンド型を氷水につけ、アルミ箔などでふたをしておけば、30分間くらいで固まる。前日につくっておいてもよい。

 

 

6.5がしっかり固まったら型から出し、アルミ箔をはがし、1cm厚さに切り分け、チコリ(エンダイブ)・プチトマト(各適量)の花切りを添えます。

※タネの中に生クリームを加えれば、味がまろやかに、いっそうよいものになる。

このページの先頭へ