ツナ缶と塩昆布丼

スポンサーリンク

ツナ缶と塩昆布丼

ツナ缶と塩昆布丼

料理名 ツナ缶と塩昆布丼
番組名 NHKきょうの料理
料理人 白井操
放送局 NHK
放送日 2017年6月14日(水)

 

ツナは水煮缶でさっぱりと

程一彦さんと白井操さんの「楽しいごはんの時間」。缶詰というテーマで料理を紹介。ここでは、白井操さんによる「ツナ缶と塩昆布丼」の作り方になります。ツナは水煮缶でさっぱりと、塩昆布と合わせて丼ぶりにしていただきます。

スポンサーリンク

ツナ缶と塩昆布丼の材料(2人分)

 

ツナ(缶詰/水煮) (小)1缶(70g)
塩昆布(市販/細切り) 2g
細ねぎ 20g
A
しょうゆ・オリーブ油 各小さじ1
ご飯(温かいもの) 茶碗2杯分(400g)
●黒こしょう(粗びき)

 

 

ツナ缶と塩昆布丼の作り方

1.塩昆布(市販/細切り 2g)は細かく刻み、細ねぎ(20g)は小口切りにします。

 

-

2.耐熱ボウルにツナ(缶詰/水煮 (小)1缶(70g))を汁ごと入れてほぐし、1と黒こしょう(少々)を加えて混ぜ合わせます。Aのしょうゆ・オリーブ油(各小さじ1)を加えたら全体を混ぜ、ラップをして電子レンジ(600W)に1分間かけます。

ツナ缶と塩昆布丼

-

3.茶碗にご飯(温かいもの 茶碗2杯分(400g))をよそい、2を盛ります。

ツナ缶と塩昆布丼


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ