サカナの昆布じめいろいろダレ

スポンサーリンク

サカナの昆布じめいろいろダレ

料理名 サカナの昆布じめいろいろダレ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 白井操
放送局 NHK
放送日 2017年4月19日(水)

 

魚で昆布じめ

放送60周年記念シリーズ「新家庭料理の定番60」というテーマで、ここでは、「サカナの昆布じめいろいろダレ」の作り方になります。刺身用のお魚を昆布で挟んで、手軽に昆布じめをいただきます。沢山の薬味・タレと合わせて楽しみましょう。

スポンサーリンク

サカナの昆布じめいろいろダレの材料(2人分)

 

サーモン・あじ・帆立て貝柱(各刺身用) 各100g
昆布(13×8cm) 3枚
ゆでたけのこ 適量
スナップえんどう 適量
タレ・薬味
しょうゆ・練りわさび・柚子こしょう・エクストラバージンオリーブ油
・ポン酢しょうゆ・すだち・木の芽みそ
各適量

 

 

サカナの昆布じめいろいろダレの作り方

1.サーモン・あじ・帆立て貝柱(各刺身用 各100g)は、さくの場合は1cm厚さに切ります。

ボウルに酒(小さじ1)、塩(小さじ1/4)を合わせ、サーモンを入れてなじませます。あじ、帆立ても同様にします。

 

2.バットに昆布(13×8cm 3枚)を置いて酒(少々)をふり、指でなじませながら昆布を湿らせます。ラップを広げて中央にサーモンの半量を並べ、昆布をのせます。
サカナの昆布じめいろいろダレ

 

3.2の昆布の上に残りのサーモンを並べ、隙間がないように包み、冷蔵庫で3~4時間おきます。あじ、帆立ても同様にします。

サカナの昆布じめいろいろダレ

 

 

4.ゆでたけのこ(適量)は軽く焼き、粗熱を取ります。スナップえんどう(適量)は筋を取り、塩(少々)を入れた湯でゆでます。タレ・薬味のしょうゆ・練りわさび・柚子こしょう・エクストラバージンオリーブ油・ポン酢しょうゆ・すだち・木の芽みそ(各適量)をそれぞれ器に盛ります。

サカナの昆布じめいろいろダレ

●木の芽みそは白みそ(大さじ2)、砂糖・だし(各大さじ1)、すりごま(小さじ1)を混ぜ合わせ、木の芽(10枚)を刻んで入れます。

5.3を皿に並べ、食べやすく切って器に盛り、4のたけのこ、スナップえんどうも盛ります。4のタレ・薬味を添えてサカナの昆布じめいろいろダレの完成。

サカナの昆布じめいろいろダレ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ