ゴーヤーチャンプルー

スポンサーリンク

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルー

料理名 ゴーヤーチャンプルー
番組名 きょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2015年6月29日(月)

 

ゴーヤーの苦味が体をシャキッと!

【土井善晴 食卓二十四節気】シリーズで、今回は夏の食材でお馴染みゴーヤーを使った定番料理「ゴーヤーチャンプルー」を作っておすすめしていました。ゴーヤーの苦味が暑さにめげそうな体をシャキッとさせてくれます。具を別々に炒めて、それぞれをべストな状態に合わせる土井流のゴーヤーチャンプルの作り方です。

スポンサーリンク

ゴーヤーチャンプルーの材料(3~4人分)

 

ゴーヤー 1本(280g)
豚肉 (しょうが焼き用)130~150g
木綿豆腐 1丁(300g)
2コ
少々
こしょう 少々
しょうゆ 大さじ1/2
黒こしょう (粗びき)適量

 

 

ゴーヤーチャンプルーの作り方

1、ゴーヤー(1本(280g))は縦半分に切ってワタと種を除き、2~3mm厚さに切る。豚肉((しょうが焼き用)130~150g)は1~2cm幅に切る。木綿豆腐(1丁(300g))は紙タオルで水けを押さえ、卵(2コ)は軽く溶く。

 

-

2、フライパンにサラダ油(大1/2)を強火で熱し、豆腐を大きくちぎって並べる。塩(少々)をふり、全体を焼きつけて皿に取り出す。

※さわらずに焼き色をつけてから返し、しっかり熱くなるまで火を通します。

 

-

3、フライパンにサラダ油(大1)を足し、ゴーヤーを広げて塩(小さ1/2~2/3)をふる。少ししんなりとして色鮮やかになるまで炒め、2の皿に取り出す。

※ゴーヤーもあまりさわらず、焼き色がついたら上下を返します。

 

-

4、フライパンにサラダ油(大1/2)を足し、豚肉を広げ入れ、塩(小1/4)、こしょう(少々)をふる。

 

-

ゴーヤーチャンプルー5、肉の下側に焼き色がついたら2を戻し入れ、しょうゆ(大1/2)を鍋肌から回し入れる。

※材料を別々に焼き炒めてから合わせるのが、土井流チャンプルー。水けが出ることもなく、シャキッとふんわりまとまります。

 

-

ゴーヤーチャンプルー6、溶き卵を2回に分けて回し入れ、そのつど上下を返してざっと混ぜる。

 

-

ゴーヤーチャンプルー7、器に盛り、黒こしょう((粗びき)適量)適量をふり、ゴーヤーチャンプルーの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ