ゴーヤーと豚バラの梅煮

スポンサーリンク

ゴーヤーと豚バラの梅煮

ゴーヤーと豚バラの梅煮

料理名 ゴーヤーと豚バラの梅煮
番組名 きょうの料理
料理人 ワタナベマキ
放送局 NHK
放送日 2016年7月12日(火)

 

程よい酸味の夏向きの煮物

【マリネが決め手!夏のしみこみおかず】というテーマで、和風のマリネ料理3品を紹介。ここでは、「ゴーヤーと豚バラの梅煮」の作り方になります。煮る前に豚肉とゴーヤーを梅干しでマリネすることで、肉の脂っぽさとゴーヤーの苦みがやわらぎます。程よい酸味の夏向きの煮物です。

スポンサーリンク

ゴーヤーと豚バラの梅煮の材料(つくりやすい分量)

 

豚バラ肉 (塊)500g
ゴーヤー (大)1本(300g)
みつば 1/2ワ
マリネ液
梅干し (塩分12%/種を取る)3~4コ
80ml
しょうゆ カップ1/4
ごま油 少々
小さじ1/3

 

 

ゴーヤーと豚バラの梅煮の作り方

1、豚バラ肉((塊)500g )は長さを半分に切る。ゴーヤー((大)1本(300g) )は縦半分に切って種とワタを除き、4cm幅に切る。

-

ゴーヤーと豚バラの梅煮2、バットに豚肉を入れてマリネ液の梅干し((塩分12%/種を取る)3~4コ)、酒(80ml)、しょうゆ(カップ1/4)を加え、梅干しをつぶしながらよくもみ込む。

ゴーヤーを加えてマリネ液をからめる。ラップをし、冷蔵庫に入れて一晩おく。

※梅干しの効果で豚バラ肉の脂っぽさがやわらぐ。

※梅干しの効果でゴーヤーの苦味がやわらぐ

●マリネした状態で、冷蔵庫で2~3日間保存可能。

-

3、鍋にごま油(少々)を中火で熱し、軽くマリネ液をきった豚肉を入れ、表面に焼き目をつける。マリネ液はとっておく。

-

ゴーヤーと豚バラの梅煮4、ゴーヤーとマリネ液を加え、水をかぶるくらいまで注ぐ。アクを取りながらひと煮立ちさせる。弱めの中火にし、塩(小1/3)を加えてふたをし、時々上下を返しながら約1時間、煮汁が2/3量ほどになるまで煮る。

※マリネ液がそのまま煮汁に使える

-

ゴーヤーと豚バラの梅煮5、豚肉を食べやすい大きさに切って、ゴーヤーとともに器に盛り、ザク切りにしたみつば(1/2ワ )を添えて、ゴーヤーと豚バラの梅煮の完成。

※保存容器に入れ、冷蔵庫で3日間保存可能。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

ゴーヤの人気レシピ

第1位

うまい!ちょっとの工夫で苦くないゴーヤチャンプル

うまい!ちょっとの工夫で苦くないゴーヤチャンプル

ゴーヤが苦くないのでお子様でも食べられますよ^^簡単だけどボリュームたっぷりスタミナ付きます!

第2位

夏だ!絹ごし豆腐でふんわりゴーヤーチャンプルー♪

夏だ!絹ごし豆腐でふんわりゴーヤーチャンプルー♪

Pick up レシピに選ばれました♪ 木綿豆腐で作ってもOK!! 塩もみでは苦みが増すという説もあるので、テレビで見た情報を元に苦みを抜く方法を変更しました☆

第3位

ゴーヤとじゃこと梅のあえもの

ゴーヤとじゃこと梅のあえもの

ゴーヤが好きで、夏はほぼ毎日、食べています。ほかにも美味しい食べ方を開発中。

第4位

苦味が苦手な方も大丈夫★ゴーヤのツナマヨ

苦味が苦手な方も大丈夫★ゴーヤのツナマヨ

ゴーヤが好きな人はもちろん、ゴーヤの苦味が苦手な方やお子さんにもオススメ★味が濃いのでおつまみとして、またパンの上のせて食べてもおいしいですよ( ´ ▽ ` )

このページの先頭へ