コーンスープ

スポンサーリンク

コーンスープ

コーンスープ

料理名 コーンスープ
番組名 きょうの料理
料理人 真崎敏子
放送局 NHK
放送日 2014年7月14日(月)

いつの時代も子供に大人気のコーンスープ

コーンの甘みがうれしい一品。コーンを煮すぎず、焦がさずにトロリとした甘みに仕上げるところがポイントです。焦げやすいので気をつけましょう。

また、ベーコンや野菜を加えることで、スープにうま味をプラス!コーンの甘みを引きたてています。

スポンサーリンク

コーンスープの材料(2人分)

スイートコーン(缶詰/クリームタイプ) (小)1缶(190g)
べーコン(みじん切り) 1枚
たまねぎ(みじん切り) 1/4コ
にんじん(みじん切り) 1/3本
牛乳 カップ1
顆粒スープの素(洋風) 小さじ1
生クリーム 大さじ4
クルトン 適量
パター 大さじ2
こしょう 少々

コーンスープの作り方

コーンスープ1、鍋にべーコン(みじん切り1枚)を入れて弱火で炒める。

脂が出てきたら、たまねぎとにんじんを加え、バター(大2)を適宜加えながらたまねぎが透明になるまでさらに炒める。

※ベーコンや野菜でうまみをプラス!

-

コーンスープ2、水(カップ1)と牛乳(カップ1 )を加えて、中火で野菜が柔らかくなるまで7~8分間煮る。

※コーンは焦げやすいので、あとで加える。

-

3、スイートコーン(缶詰/クリームタイプ(小)1缶(190g) )を加え、焦げないように鍋底から混ぜながら、中火でプクッと泡が立つ程度まで煮る。

※コーンは一度焦がすとにおいが消えないので注意しましょう。

-

4、鍋を火から下ろし、粗熱を取ってハンディプロセツサー(またはフードプロセッサー)でなめらかにする。

※こすとさらになめらかになるが、食物繊維がとれるように、家庭ではこさずに仕上げるのがおすすめ。

-

コーンスープ5、再び中火にかけ、顆粒スープの素(洋風小1 )とこしょう(少々)で味を調える。

火を止めて仕上げに生クリーム(大4 )を加える。

-

コーンスープ6、器に盛り、クルトン(適量 )を添える。

※クルトン(適量 )は各自で食べるときにスープに入れ、ふやかさずに力リカリの食感を楽しみましょう。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ