キャロットマフィン

スポンサーリンク

キャロットマフィン

キャロットマフィン

料理名 キャロットマフィン
番組名 きょうの料理
料理人 吉川 文子
放送局 NHK
放送日 2016年3月17日(木)

 

にんじんとヨーグルトでヘルシーなマフィン

【ほめられスイーツ】というテーマで、バターを不使用のマフィン3品を紹介。ここでは、「キャロットマフィン」の作り方になります。生地にすりおろしたニンジンをたっぷり加えて、ヨーグルトの爽やかなクリームをトッピングします。ベーキングパウダーとベーキングソーダを合わせて使ってふっくらとして軽く、しっとりしつつヘルシーでコクのある「キャロットマフィン」のレシピです。

スポンサーリンク

キャロットマフィンの材料(直径7cm×高さ4cmの耐熱・耐油の紙カップ6コ分)

 

(生地)
にんじん 1本(正味100g)
A
ドライパイナップル 30g
プレーンヨーグルト (無糖)30g
1コ
きび糖 50g
植物油 50g
レモンの皮(国産/すりおろす) 少々
B
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ2/3
ベーキングソーダ 小さじ1/3
シナモンパウダー 小さじ1/4
くるみ (ローストタイプ/細かく刻む)20g
ココナツフレーク 10g
ヨーグルトフロスティング(マフィンにのせる飾り用クリーム)
プレーンヨーグルト (無糖)100g
生クリーム(乳脂肪分34~38%) 100g
粉砂糖 大さじ1

 

 

キャロットマフィンの作り方

 

下ごしらえ・準備

 

1. ヨーグルトフロスティング用のプレーンヨーグルト(無糖100g)は、厚手の紙タオル(不織布タイプ)を敷いたざるにのせ、半量になるまで約5時間おき、水きりヨーグルトをつくる。

-

2. Bの薄力粉(100g)、ベーキングパウダー(小2/3)、ベーキングソーダ(小1/3)、シナモンパウダー(小1/4)を合わせてふるっておく。

●ベーキングソーダは食用の重曹。にんじんの水分が多いので、ふんわりと仕上げるために加えます。

※ベーキングパウダーとベーキングソーダを合わせて使ってふっくら!

-

3. オーブンは180℃に温めておく。

《【生地】をつくる》

 

1、Aのドライパイナップル(30g)は7~8mm角に刻んでボウルに入れる。プレーンヨーグルト(無糖30g)を加えて混ぜ、10分間ほどおく。

※ヨーグルトがコクと風味、しっとり感を生む

-

キャロットマフィン2、にんじん(1本(正味100g))は皮をむいてすりおろし、1に加えてゴムべらで混ぜる。

-

3、ステンレス製のボウルに卵(1コ)ときび糖(50g)を入れ、泡立て器で混ぜる。

-

4、3のボウルをごく弱火にかけ、混ぜながらきび糖を溶かす。

※人肌に温めて、砂糖をしっかり溶かす。

-

5、ボウルを火から下ろし、植物油(50g)を数回に分けて加えながら、よく混ぜて乳化させる。

●植物油はサラダ油、なたね油、ごま油(白)など、くせのないもの。

-

6、5にすりおろしたレモンの皮(少々)と2を加えて混ぜる。

-

キャロットマフィン7、6にふるっておいたBを加え、中心からぐるぐると混ぜる。

-

8、粉がほとんど見えなくなったら、くるみ(ローストタイプ/細かく刻む20g)とココナツフレーク(10g)を加える。ゴムべらで、底から返すように混ぜる。

-
《【生地】を焼いて仕上げる》

 

9、紙カップを天板に間隔をあけて並べ、8の生地をスプーンで等分に入れる。

180℃に温めたオーブンで20分間焼く。生地の中央に竹串を刺して何もついてこなければ、焼き上がり。

網に移して冷まし、紙カップから取り出す。

●紙カップが薄いものは、2枚重ねて使う

-

10、ボウルにヨーグルトフロスティングの生クリーム(乳脂肪分34~38% 100g)と粉砂糖(大1)を入れ、ボウルの底を氷水に当てながら、角が立つまでハンドミキサーで泡立てる。

-

11、10に水きりしたヨーグルトを加え、さらにしっかりと角が立つまで泡立てる。

-

キャロットマフィン12、9の上面にナイフなどで11をのせて整えて、キャロットマフィンの完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ