キャビネットケーキ

キャビネットケーキ

料理名 キャビネットケーキ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2018年2月8日(木)

 

コメント

今この時季らしい料理を土井善晴さんが紹介するシリーズ。ここでは、「キャビネットケーキ」の作り方になります。子どものころお母様がつくってくれた冬のおやつだそうです。

キャビネットケーキの材料(口径8×底径5×深さ5cm、容量約160mlの耐熱カップ6コ分)

 

卵液
3コ
牛乳 カップ1と1/2
砂糖 50g
バニラエッセンス 少々
 
食パン(8枚切り) 2枚
みかん(缶詰/シロップ煮) 1缶(内容量300g/固形量170g)
レーズン 大さじ2
ソース
みかんの缶汁(約カップ3/5)・水 合わせてカップ1
砂糖 大さじ1
A
かたくり粉 大さじ1
大さじ1
 
●サラダ油

 

 

キャビネットケーキの作り方

1.卵液をつくる。ボウルに卵(3コ)を割り入れて泡立て器で溶きほぐし、牛乳(カップ1と1/2)、砂糖(50g)、バニラエッセンス(少々)を混ぜ合わせます。

 

2.食パン(8枚切り 2枚)をこんがりと焼き、みみを切り落として、1枚を9等分に切ります。みかん(缶詰/シロップ煮 1缶(内容量300g/固形量170g))は缶汁をきり、残った缶汁はとっておきます。

※食パンはトーストすると水分が抜けて香ばしくなります。

 

 

3.サラダ油少々に紙タオルを浸し、カップの内側にサラダ油を薄く塗ります。

※容器はプリン型やココット、コーヒーカップなどでもよいでしょう。

 

 

4.3にみかん、レーズン(大2)、パンを等分に入れ、1の卵液を均等に注ぎます。

 

5.フライパン(直径28cm)に絞った布巾を敷いて4を並べ入れ、熱湯カップ3を注ぎます。ふたをして湯が静かに煮立つくらいの火加減で、約15分間蒸します。

 

 

6.ソースをつくる。小鍋にみかんの缶汁(約カップ3/5)・水を合わせたもの(カップ1)、砂糖(大1)、混ぜ合わせたAのかたくり粉(大さじ1)・水(大さじ1)を入れて弱火にかけ、透き通ってとろみが出るまで煮ます。

 

7.5のケーキの全量がふっくらふくらみ、串を刺して卵液がついてこなければ蒸し上がり。取り出して粗熱を取ってから、カップの内側に串を差し入れてぐるりと一周させて外し、逆さにして器にあけ、6の温かいソースをかけます。

このページの先頭へ