ガパオライス

スポンサーリンク

ガパオライス

料理名 ガパオライス
番組名 きょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2016年9月15日(木)

 

エスニックの味わいに

「栗原はるみの定番ごはん」というテーマで、料理2品を紹介していました。ここでは、「ガパオライス」の作り方になります。甘辛く炒めたひき肉と目玉焼きを、ご飯にのせて食べるタイ料理の人気メニュー。栗原はるみさんのレシピは、ひき肉の代わりに鶏もも肉を使用します。大きさをランダムに切って食感に変化のある鶏そぼろで、より食べごたえがあります。

スポンサーリンク

ガパオライスの材料(4人分)

 

鶏もも肉 (皮付き)2枚(500g)
ピーマン (赤・緑)各2コ
たまねぎ 1/2コ(100g)
もやし 1袋
にんにく 1かけ
赤とうがらし (小口切り)1本分
バジル 適量
4コ
ご飯 (タイ米/温かいもの)適量
A
オイスターソース 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
ナムプラー 大さじ1+1/2
砂糖 大さじ1
ミント 適宜
香菜(シャンツァイ) 適宜
ライム 適宜
サラダ油 適量
少々
黒こしょう (粗びき)少々

 

 

ガパオライスの作り方

1、ピーマン((赤・緑)各2コ)は縦半分に切ってヘタと種を取ります。長さを半分に切り、さらに1.5cm幅に切ります。たまねぎ(1/2コ(100g))は縦半分に切り、さらにピーマンと同じくらいの大きさに切ります。もやし(1袋)は洗ってひげ根を取り、水けをよくきります。にんにく(1かけ)はみじん切りにする(包丁の背でつぶしてもよい)。

2、鶏そぼろを作ります。鶏もも肉((皮付き)2枚(500g))は余分な脂を取り除き、1枚は4~5mm角に、もう1枚は7~8mm角に切り、包丁で軽くたたく。

※鶏肉をランダムに切って食感に変化のあるそぼろに

3、下記【A】を混ぜ合わせておきます。

オイスターソース 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
ナムプラー 大さじ1+1/2
砂糖 大さじ1

※ナムプラーでタイ料理らしい風味に!

4、大きめのフライパンにサラダ油(大1)を強火で熱し、2の鶏肉を加えて炒めます。半分くらい火が通ったら、3と赤とうがらし((小口切り)1本分)、バジル(適量)3~4本をちぎって加え、中火で3分間ほど煮ます。煮汁が少し残った状態で火を止めます。

ガパオライス

※煮汁が少し残る程度に煮る

5、別のフライパンにサラダ油大さじ1を熱してにんにくを炒めます。香りがたったら、たまねぎ、ピーマンを加えて、程よく火が通るまで強火で炒め、塩・粗びき黒こしょう(各少々)をふり、取り出します。

ガパオライス

※野菜を食感よく仕上げるためにはサラダ油が肝心

6、5のフライパンにサラダ油(大1)を足し、同様にもやしを強火で炒め、塩・黒こしょう(各少々)をふり、取り出します。

※もやしはシャキシャキ感が残るように、強火で手早く炒める

7、6のフライパンにサラダ油(大1/2)を熱し、卵1コを割り入れ、外側がカリカリの目玉焼きを作ります。残りも同様に作ります(4コ )。

8、器にご飯((タイ米/温かいもの)適量)を盛り、4、5、6と目玉焼きを順にのせます。

好みでバジル・ミント(適宜)・香菜(シャンツァイ 適宜)を添え、ライム(適宜)を搾りかけて、ガパオライスの完成。

ガパオライス

●ご飯はタイ米が手に入らない場合は普通のご飯でよい。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ