イクラ南天

スポンサーリンク

イクラ南天

イクラ南天

料理名 イクラ南天
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2016年1月5日(火)

 

冷たさもごちそう

【登紀子ばぁばの元気印】シリーズ。ばぁばこと鈴木登紀子さんが「イクラ南天」の作り方を紹介。大根おろしを雪に、イクラを南天の実に、干し菊とせりを福寿草の花と葉に見立てた、冬ならではのごちそうです。冷たさもごちそう。冷蔵庫でよく冷やしておくとよりおいしく、時間があれば、それぞれの具材も冷やしておきましょう。

スポンサーリンク

イクラ南天の材料(3~4人分)

 

イクラ 50g
大根おろし カップ1
干し菊 7g(戻して50g)
せり 3株
柚子の皮 少々
少々
大さじ1
A
砂糖 大さじ1
大さじ2
少々

 

 

イクラ南天の作り方

1.大根おろし(カップ1)は汁けをきらずにボウルに入れ、Aの砂糖(大1)、酢(大2)、塩(少々)を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

※大根おろしは汁けをきらない

-

イクラ南天2.干し菊(7g(戻して50g))は粗くちぎり、熱湯に離して菜箸でひと混ぜし、すぐにざるに上げる。うちわであおいで冷まし、水けを絞って細かくほぐす。

せり(3株)は塩(少々)を加えた湯でサッとゆで、冷水にとる。水の中で振りながら形をそろえ、水けを絞って1cm長さに切る。

イクラ(50g)は酒(大1)をふる。

●干し菊は食用菊を蒸して乾燥させたもの。なければ、生の食用菊でもよい。

-

イクラ南天3.1にいくらを加えてよく混ぜ、干し菊とせりを加えてサッと混ぜる。

-

イクラ南天4.器に盛り、柚子の皮(少々)を添えて、イクラ南天の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ