アッという間のうなずし

スポンサーリンク

アッという間のうなずし

アッという間のうなずし

料理名 アッという間のうなずし
番組名 きょうの料理
料理人 小林 カツ代
放送局 NHK
放送日 2014年7月31日(木)

 

ちらし寿司も気軽にカツ代流!

お祝いやおもてなしになど豪華に見える「ちらし寿司」をNHKきょうの料理では、小林カツ代さんが気軽に作れるうなずしを作って紹介していました(再放送)。皿に盛ったご飯の上にどんどん具材をのせるだけ!市販のうなぎのかば焼きを使うところも気楽でいいレシピです。みょうがや青じそで爽やかに夏らしく、食がすすむちらし寿司です。

スポンサーリンク

アッという間のうなずしの材料(4人分)

 

炊きたてのご飯 米360ml分(2合)
うなぎのかば焼き (市販)2串分
きゅうり 1本
みょうが 2コ
青じそ 5枚
実ざんしょうのつくだ煮 大さじ1
紅しょうが (せん切り)適量
合わせ酢
すし酢 (市販)大さじ2
米酢 大さじ1

 

アッという間のうなずしの作り方

1、きゅうり(1本)は薄い輪切りにし、みょうが(2コ)は縦2つに切ってから斜め薄切りにする。青じそ(5枚 )は縦2つに切ってからせん切りにする。

 

アッという間のうなずし

2、うなぎのかば焼き((市販)2串分)は串をはずし、1cm幅に切る。

※小さめの焼きあなごでもおいしい。

 

3、合わせ酢のすし酢、米酢(大1)は混ぜ合わせておく。

 

 

アッという間のうなずし4、大皿に炊きたてのご飯(米360ml分(2合) )を広げて盛り、うなぎ、きゅうり、みょうがの順にのせ、実ざんしょうのつくだ煮(大1)を散らす。

 

アッという間のうなずし

5、食べる直前に、4に合わせ酢をムラなく回しかける。

アッという間のうなずし6、青じそ、紅しょうが((せん切り適量)を添えて、アッという間のうなずしの完成。

※全体をサックリ混ぜてから、各自が取り分けましょう。

 

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ