らっきょうの簡単ちらし

らっきょうの簡単ちらし

料理名 らっきょうの簡単ちらし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年6月6日(水)

 

コメント

大原千鶴さんの初夏の保存食シリーズ「らっきょう」。ここでは、「らっきょうの甘酢漬け」を使った「らっきょうの簡単ちらし」の作り方になります。らっきょうを具に、漬け汁をすし酢にしたお手軽ちらし。

らっきょうの簡単ちらしの材料(つくりやすい分量)

 

ご飯(温かいもの) 350g(1合分)
らっきょうの甘酢漬け 50g
らっきょうの漬け汁 大さじ2~3
貝割れ菜 1/4パック
青じそ 3枚
2コ
赤とうがらし(らっきょうと一緒に漬けていたもの) 適宜
●塩・ごま油

 

 

らっきょうの簡単ちらしの作り方

1.らっきょうの漬け汁(大2~3)と塩2つまみを混ぜて温かいご飯(温かいもの 350g(1合分))に回しかけ、粗熱を取ります。

 

 

 

2.らっきょうの甘酢漬け(50g)のらっきょうは細かく刻み、適量を飾り用に取りおきます。

貝割れ菜(1/4パック)は適量を飾り用に長さを半分に切り、残りは5mm幅に刻みます。

青じそ(3枚)も細かく切り、水にさらして水けを絞ります。

 

 

 

3.ボウルに卵(2コ)を割って溶きほぐし、塩1つまみを加えて混ぜます。

フライパンにごま油大さじ1/2をひいて中火にかけ、半熟状のいり卵を作ります。

バットに広げて粗熱を取ります。

 

 

 

4.1に2の薬味類を混ぜて器に盛ります。3をのせ、飾り用のらっきょうと貝割れ菜、好みで小口切りにした赤とうがらし(らっきょうと一緒に漬けていたもの 適宜)をあしらいます。

このページの先頭へ