らっきょうの塩水漬け

スポンサーリンク

らっきょうの塩水漬け

らっきょうの塩水漬け

料理名 らっきょうの塩水漬け
番組名 きょうの料理
料理人 杵島 直美,きじま りゅうた
放送局 NHK
放送日 2015年6月9日(火)

 

らっきょう本来のおいしさを

家族で楽しむ初夏の手仕事ということで、杵島 直美さん,きじま りゅうたさん親子が、「らっきょうの塩水漬け」を作っていました。代々受け継がれている味だそうです。らっきょう本来のおいしさを味わえます。らっきょうは、ぷっくりした形で芽が出ていないもの。傷がなく、つや、はりのあるものを選ぶと良いでしょう。らっきょう独特の歯ごたえと風味をお楽しみください。

スポンサーリンク

らっきょうの塩水漬けの材料(つくりやすい分量)

 

らっきょう (泥付き)1kg
粗塩 70g

 

 

らっきょうの塩水漬けの作り方

1、大きめのボウルに水をはり、らっきょう((泥付き)1kg)を一つかみずつ入れ、ほぐしながら洗う。

※すぐに作れないときは、泥付きのまま新聞紙に包み、冷蔵庫の野菜室に入れる。1週間ほど状態が保てる(ポリ袋に入れると蒸れるので注意)。

-

らっきょうの塩水漬け2、ざるに上げて水けをきり、重ならないように広げて乾かす。

 

-

3、一粒ずつ、薄皮をむく。皮はなめらかな表面が出てくるまで1~2枚むく。傷がある場合は厚い皮もむく。

 

-

4、根と芽を切る。

※根はギリギリのところを切る。根元を切りすぎると漬け汁がしみ込み、カリカリ感がなくなる。

 

-

らっきょうの塩水漬け5、ホウロウ容器に4を入れて粗塩(70g)をふり入れ、あおりながら全体に塩を行き渡らせる。

 

-

らっきょうの塩水漬け6、水カップ3を注いで重しの平皿をのせ、その上に小皿を置く。容器のふたをして冷蔵庫に入れる。

 

-

らっきょうの塩水漬け7、1週間後、らっきょうの塩水漬けの完成。1週間後から食べごろ。

※冷蔵庫で約2ヶ月間保存可能。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ