まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)

スポンサーリンク

まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)

料理名 まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)
番組名 NHKきょうの料理
料理人 小林まさる
放送局 NHK
放送日 2016年9月21日(水)

 

辛い、でもおいしい青とうがらしのしょうゆ漬け

谷原章介のTimeless Kitchenのシリーズでは、シニア料理研究家の小林まさるさんを。ここでは、北海道の炭鉱で働いていた時代からつくっているという、青とうがらしを使ったその名も「まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)」の作り方になります。「辛い、でもおいしい!」とカメラマンやスタイリストの間で評判になり、いつしか「まさる漬け」と呼ばれるようになったという酒にぴったりの一品。

スポンサーリンク

まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)の材料(つくりやすい分量)

 

青とうがらし(生/韓国産/辛いタイプ) 1.2kg
A
帆立て貝柱(缶詰) (大)1缶(140g)
しょうゆ カップ1と1/2
ナムプラー 大さじ2
大さじ1
●サラダ油

 

 

まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)の作り方

1.ボウルに下記Aを合わせておきます(帆立て貝柱(缶詰 (大)1缶(140g))は缶汁ごと加える)。

帆立て貝柱(缶詰) (大)1缶(140g)
しょうゆ カップ1と1/2
ナムプラー 大さじ2
塩 大さじ1

-

2.青とうがらし(生/韓国産/辛いタイプ 1.2kg)はヘタを取り、フォークで穴をあけます。

-

3.大きめのフライパンにサラダ油大さじ1を強火で熱し、青とうがらしの1/5~1/4量を入れます。こんがりするまで5分間ほど炒め、保存容器に移す。これをもう一度繰り返し、Aの半量を全体にかけます。

まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)

※油でいためて辛みをやわらげる

●炒めるときは換気を十分にし、辛みを吸い込まないよう注意。

-

4.3と同様に、残りの青とうがらしを2~3回に分けて炒め、そのつど3の保存容器に加えます。残りのAを全体にかけます。

-

5.粗熱を取ったらふたをし、冷蔵庫に入れて漬ける。2日に1回全体を混ぜ、3日間ほど漬ければ食べられるが、10日間ほどたってからが食べごろ。1か月間くらいおくと発酵して酸味が出てくるので、好みで食べきります。

まさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)

●2ヶ月間ほど冷凍保存することも可能。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ