ほうれんそうののり巻き

スポンサーリンク

ほうれんそうののり巻き

ほうれんそうののり巻き

料理名 ほうれんそうののり巻き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 吉村昇洋
放送局 NHK
放送日 2017年2月21日(火)

 

うす味のつけだしに

「滋味を味わう禅寺ごはん」というテーマで、曹洞宗普門寺副住職・吉村昇洋さんが家庭で楽しめる精進料理を紹介していました。ここでは、「ほうれんそうののり巻き」の作り方になります。うす味のつけだしに、一晩じっくりつけたおひたし。のりで巻いて食感も見た目も変化をつけます。つけだしはお吸い物より少し濃い程度にし、ほうれんそうの味を際立たせましょう。

スポンサーリンク

ほうれんそうののり巻きの材料(2人分)

 

ほうれんそう 4株(100g)
焼きのり(全形) 1枚
つけだし
まいたけ 1/4パック(30g)
昆布だし カップ1と1/2
大さじ2
粗塩 1つまみ
うす口しょうゆ 小さじ2

 

 

ほうれんそうののり巻きの作り方

1.鍋にまいたけ(1/4パック(30g))、昆布だし(カップ1と1/2)、酒(大2)、粗塩(1つまみ)を入れ、ひと煮立ちさせてアルコール分をとばします。うす口しょうゆ(小さじ2)を加えてつけだしを作り粗熱を取ります。

ほうれんそうののり巻き

-

2.熱湯に塩(少々)を入れ、ほうれんそう4株(100g)を20秒間ほどゆでます。ざるに上げ、うちわであおいで粗熱を取ります。

 

-

3.2の水けを絞り、バットに入れます。1のつけだしを加え、1日浸して味をしみ込ませます。

ほうれんそうののり巻き

-

4.3のほうれんそうを半量ずつ根が両端にくるように合わせ、水けを絞ります。焼きのり(全形) 1枚を半分に切り、ほうれんそうをのせて巻きます。

ほうれんそうののり巻き

-

5.長さが2:3になるように切り、それぞれ斜め半分に切ります。残りも同じようにして器に盛ります。

ほうれんそうののり巻き

●残ったつけだしはふろふき大根に使う。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ