へべすたっぷり!冷や汁

スポンサーリンク

へべすたっぷり!冷や汁

へべすたっぷり!冷や汁

料理名 へべすたっぷり!冷や汁
番組名 きょうの料理
料理人 斉藤 辰夫
放送局 NHK
放送日 2014年8月26日(火)

 

宮崎の「へべす」を使って冷汁を

あじの干物入りの味噌汁をおにぎりにしてだしをかけた、上品な冷汁をNHKきょうの料理では紹介していました。今回は宮崎の食材「へべす」を使って、爽やかに仕上げます。へべすとは宮崎県日向市原産のかんきつ。8~10月が旬で、ビタミンCが豊富。爽やかな香りをもち、酸味は穏やかで、果汁がたっぷり。すだちやかぼす、柚子(ゆず)と同様の使い方をするかんきつ類です。

スポンサーリンク

へべすたっぷり!冷や汁の材料(4人分)

 

へべす果汁 3コ分(約150ml)
A
だし カップ2
みりん 大さじ1
うす口しょうゆ 大さじ1
小さじ1/3
おにぎりの具
あじの干物 1枚
へべす 1/2コ
細ねぎ (小口切り)3本分
しょうが (みじん切り)15g
麦みそ 40g
すりごま (白)大さじ1
ご飯 (温かいもの)300g
みょうが (せん切り)2コ分
きゅうり (小口切り)1本分
バター 大さじ1弱(10g)

 

 

へべすたっぷり!冷や汁の作り方

へべすたっぷり!冷や汁1、へべす果汁(3コ分(約150ml) )は製氷皿に入れて冷凍庫で冷やし固め、へべす氷をつくる。

※レモン、かぼす、すだちなど好みのかんきつの果汁と果肉で代用してもよい。

-

2、【A】の

  • だし カップ2
  • みりん 大さじ1
  • うす口しょうゆ 大さじ1
  • 塩 小さじ1/3

を鍋に合わせて強火にかけ、軽く煮立ったら、ボウルにあけて冷ます。

 

-

へべすたっぷり!冷や汁3、あじの干物(1枚)は魚焼きグリルで両面を中火で香ばしく焼き、骨と皮を除いて身をほぐす。

 

-

4、へべす(1/2コ)は皮をむき、7mm角に切る。みょうが((せん切り)2コ分 )は水にさらし、水けを拭く。

 

-

へべすたっぷり!冷や汁5、フライパンにバター(大1弱(10g))を弱火で溶かし、3のあじ、細ねぎ((小口切り)3本分)、しょうが((みじん切り)15g)を中火で炒める。

 

-

6、軽くしんなりしたら、麦みそ(40g)を加えて弱めの中火で炒める。

 

-

へべすたっぷり!冷や汁7、すりごま((白)大1)を加えて軽く炒める。2と別のボウルにあけて冷まし、4のへべすを混ぜる。

※へべすを混ぜなければ、冷蔵庫で4~5日間保存可能。そのままご飯の供やおにぎりにしてもおいしい。

 

-

へべすたっぷり!冷や汁8、ご飯((温かいもの)300g )を4等分して広げ、7を1/4量ずつのせ、丸く握る。

-
へべすたっぷり!冷や汁

へべすたっぷり!冷や汁

9、器に盛って2をかけ、きゅうり((小口切り)1本分 )、みょうがを添え、1のへべす氷(適量)を散らして、へべすたっぷり!冷や汁の完成。

※へべす氷は、好みで加減する。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ