ぶり大根

ぶり大根

料理名 ぶり大根
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年12月15日(金)

 

コメント

ここでは、「ぶり大根」の作り方になります。

冬の定番煮物・ぶり大根。だしをきかせてうす味であっさりと炊き上げた、上品な一品です。ぶりをふっくら仕上げるコツをマスターしましょう。

ぶり大根の材料(2人分)

 

ぶり(切り身) 2切れ(200g)
大根 1/2本(700g)
だし カップ2と1/2
A
うす口しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1
ねぎ 5cm
せり(葉の部分)・柚子の皮(せん切り) 各適量
●塩・小麦粉・サラダ油

 

 

ぶり大根の作り方

1.ぶり(切り身 2切れ(200g))に塩小さじ1/3をふり、10分間おきます。

 

 

2.大根(1/2本(700g))は4cm厚さの輪切りにして皮をむき、鍋に入れます。

かぶるくらいの水(または米のとぎ汁)を注ぎ、中火でゆでます。

竹串がスーッと通ったら火を止めて、ざるに上げます。

 

 

 

3.鍋にだし(カップ2と1/2)と大根を入れて中火にかけ、煮立ったらAのうす口しょうゆ(大さじ2)・みりん(大さじ1)を入れます。

ふたをして弱火で20分間煮ます。

 

 

4.1のぶりの水けを拭き、小麦粉を薄くまぶします。

フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、ぶりを中火で両面こんがりと焼きます。

 

※小麦粉をつけて焼くことで、うまみが逃げにくい。焼き色がつくまで焼きます。

 

 

 

5.3の鍋に焼いたぶりを加え、5分間ほど煮て味をなじませます。

 

 

 

6.ねぎ(5cm)は縦半分に切ってからせん切りにします。

5を器に盛り、ねぎとせり、柚子の皮をあしらう。

このページの先頭へ