ぶりの煮こごり添え

スポンサーリンク

ぶりの煮こごり添え

料理名 ぶりの煮こごり添え
番組名 NHKきょうの料理
料理人 髙橋拓児
放送局 NHK
放送日 2016年12月13日(火)

 

煮汁のゼリーでしっとり!

「軽やかおせち」というテーマで、髙橋拓児さんがおせち料理を紹介していました。ここでは、「ぶりの煮こごり添え」の作り方になります。おせちの定番・ぶりの焼き物を今回は煮汁の煮こごりを添えて、見た目も華やか。煮こごりが口の中でふんわり溶けて、うまみがたっぷり広がります。

スポンサーリンク

ぶりの煮こごり添えの材料(つくりやすい分量)

 

ぶり(切り身) 4切れ
しょうが(みじん切り) 少々
粉ゼラチン 3g
A
酒・水 各カップ1
しょうゆ カップ1/4
砂糖 50g
あさつき(小口切り)・溶きがらし 各適量
●塩

 

 

ぶりの煮こごり添えの作り方

1.ぶり(切り身 4切れ)は半分に切り、塩(少々)をふって少しおき、出てきた水けを拭き取ります。熱湯にサッとくぐらせて氷水にとり、水で洗ってぬめりを取ります。粉ゼラチン(3g)はヒタヒタの水でふやかしておきます。

●ぶりは表面がサッと白くなるくらいに「霜降り」することで、くさみを取ります。

-

2.鍋にAの酒・水(各カップ1)、しょうゆ(カップ1/4)、砂糖(50g)を合わせて火にかけ、沸騰したらぶりを加え、落としぶたをします。中火で10~15分間煮て、煮汁につけたまま冷まします。

ぶりの煮こごり添え

-

3.2の煮汁をカップ1/2取り出してざるでこし、別の鍋に入れて火にかけます。沸騰したらしょうが(みじん切り 少々)と1のゼラチンを加えて溶かします。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やし固めます。

ぶりの煮こごり添え

※ゼラチンでうまみを閉じ込めます。煮汁は一度こすことで、仕上がりがきれいに。

-

4.3の煮こごりを細かくほぐし、ぶりに少しずつのせます。あさつき(小口切り)・溶きがらし(各適量)を添えぶりの煮こごり添えの完成。

ぶりの煮こごり添え

※ぶりの煮こごりを添えて、うまみたっぷり!


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

ぶりの人気レシピ

第1位

ふっくらやわらかになる!ブリの照り焼き

ふっくらやわらかになる!ブリの照り焼き

えっ!?と思うやり方ですが、ぜひ試してみてください。 ブリ特有の臭みもなく、ふっくら柔らかく仕上がります♪

第2位

ご飯に合う!ぶりのはちみつバター焼き

ご飯に合う!ぶりのはちみつバター焼き

バターのコクが加わったぶりの甘辛焼きです。 普段とちょっと違う味で食べたいときにどうぞ。

第3位

定番おかず ぶり大根

定番おかず ぶり大根

お魚は骨の近くや血合いが栄養があっておいしいんですよね。でも娘たちは苦手なので全部私のところに集まります。母は栄養満点!

第4位

ふわとろブリの照り焼き

ふわとろブリの照り焼き

覚えやすいレシピにしてみました

このページの先頭へ