ぶりの串焼き

ぶりの串焼き

料理名 ぶりの串焼き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年12月15日(金)

 

コメント

ここでは、「ぶりの串焼き」の作り方になります。

焼き鳥の「ねぎま」と思いきや、ぶりが主役の串焼きです。甘辛だれと卵黄のコクがぶりにぴったり。ご飯もお酒もいけます。

ぶりの串焼きの材料(2人分)

 

ぶり(切り身) 2切れ(200g)
ねぎ 2~3本
A
みりん 大さじ4
うす口しょうゆ 大さじ2
にんにく(すりおろす) 少々
一味とうがらし・粉ざんしょう 各適量
卵黄 2コ分
白ごま・細ねぎ(小口切り)・溶きがらし 各適量
●塩・しょうゆ

 

 

ぶりの串焼きの作り方

1.ぶり(切り身 2切れ(200g))は皮と血合いを除きます。

塩少々をふり、10分間おきます。

※塩をふって余分な水けを出し、うまみを凝縮させます。

 

 

 

2.1の水けを拭いて6等分に切ります。

ねぎ(2~3本)は4cm長さに切り、16~18コ用意します。

ねぎとぶりを交互に串に刺す。

 

3.フライパンに2を並べ入れ、中火にかけます。

1分間ほどして焼き色がついたら裏返し、さらに1分間焼いてAのみりん(大さじ4)・うす口しょうゆ(大さじ2)・にんにく(すりおろす 少々)を加えます。

フライパンを揺すって全体にたれをからめます。

裏返して火を止めて、しばらくおきます。

 

 

 

4.器に盛り、一味とうがらし、粉ざんしょうをふります。

卵黄(2コ分)にしょうゆ適量をかけ、白ごま、細ねぎをあしらい、溶きがらしとともに添えます。

 

このページの先頭へ