ふっくら卵焼き

スポンサーリンク

ふっくら卵焼き

ふっくら卵焼き

料理名 ふっくら卵焼き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 髙橋拓児
放送局 NHK
放送日 2017年3月21日(火)

 

ふっくらと上品な味わい

「京料理人のかんたん!和食塾」というテーマで、今回はおなじみの食材「卵」料理の紹介です。ここでは、「ふっくら卵焼き」の作り方になります。卵の甘みにスープの素でコクをプラス!コクを閉じ込めてふっくらと焼き上げた上品な味わいで冷めてもおいしくいただけます。

 

スポンサーリンク

ふっくら卵焼きの材料(2人分/13.5×18cmの卵焼き器)

 

4コ
A
うす口しょうゆ 小さじ2
顆粒スープの素(中国風) 小さじ1/4
かたくり粉 小さじ1強(4g)
カップ1
大根おろし 適量
●サラダ油・しょうゆ

 

 

ふっくら卵焼きの作り方

1.鍋にAのうす口しょうゆ(小さじ2)・顆粒スープの素(中国風 小さじ1/4)・かたくり粉(小さじ1強(4g))・水(カップ1)を入れ強火にかけて混ぜ合わせます。とろみがついたら火を止め、冷まします。

※だしにとろみをつけて卵のおいしさを閉じ込めます

-

2.ボウルに卵(4コ)を割りほぐし、卵白の塊がなくなるくらいに溶きます。ボウルに重ねたざるでこし、1を加えて混ぜ合わせます。

ふっくら卵焼き

※卵液をこすことで口当たりがなめらかになる。

-

3.別のボウルに2を半量取り分けます。卵焼き器にサラダ油(適量)を入れて紙タオルでなじませ、中火で熱します。卵液を少したらして温度を確かめ、ジュッと音がしたら1/3量を流し入れます。

-

4.ふくらみをつぶしながら菜箸で手前に巻き、あいた部分に紙タオルで味をなじませ、卵を向こう側に寄せます。手前に紙タオルで味をなじませて卵液の1/3量を流し入れ、焼けた卵の下にも流し、菜箸で手前に巻きます。

ふっくら卵焼き

-

5.あいた部分に紙タオルで油をなじませたら向こう側へ寄せ、手前に紙タオルで油をなじませて残り1/3量を流し入れます。同様に焼き、フライ返しで手前に寄せて火を止めます。

※最後まで火から下ろさずに焼くことで、ふっくらと仕上がる。

-

6.巻きすに5を移して形を整え、1分間おきます。残りの半量も同様に焼いて巻きすで形を整えます。

※1分間おき、余熱で卵を固めます。

 

-

7.6を切り分けて器に盛り、大根おろし(適量)を添え、しょうゆ(適量)をかけます。

ふっくら卵焼き


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ