ひき肉とチンゲンサイのチャーハン

スポンサーリンク

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン

料理名 ひき肉とチンゲンサイのチャーハン
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2016年12月5日(月)

 

ナムプラーの風味がきいた

「栗原はるみの定番ごはん 年末スペシャ」ということで、クリスマスパーティーなどにピッタリな料理を紹介していました。ここでは、「ひき肉とチンゲンサイのチャーハン」の作り方になります。チンゲンサイの食感が決め手。別に炒めてから加えるひと手間で、ごはんも水っぽくならず、パラパラに仕上がります。特製の香味じょうゆとナムプラーで味付けします。特製香味じょうゆの作り方も紹介します。

スポンサーリンク

ひき肉とチンゲンサイのチャーハンの材料(2人分)

 

ご飯(温かいもの) 350g
豚ひき肉 100g
チンゲンサイ 1株(80g)
ねぎ 1/2本
さやいんげん 80g
2コ
香味じょうゆ 大さじ1
ナムプラー 大さじ1/2
●塩・こしょう・サラダ油
(香味じょうゆ)
しょうゆ カップ1
しょうが(薄切り) 1かけ分
にんにく(薄切り) 2~3かけ分

 

 

ひき肉とチンゲンサイのチャーハンの作り方

 

香味じょうゆをつくる

保存瓶にしょうゆ(カップ1)を入れ、皮をむいたしょうが(薄切り 1かけ分)、にんにく(薄切り 2~3かけ分)を加えて冷蔵庫に数時間~一晩おきます。

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン

●冷蔵庫で約2週間保存できります。

-
チャーハンをつくる

 

1.チンゲンサイ(1株(80g))は3~4cm長さに切り、軸と太い部分は縦半分に切り、葉と軸に分けておきます。ねぎ(1/2本)は縦半分に切り込みを入れ、1cm幅に切ります。さやいんげん(80g)は筋を取り、熱湯でゆでて水けをきり、4~5等分の斜め切りにします。ボウルに卵(2コ)を割りほぐし、塩・こしょう(各少々)をふります。

※野菜は大きく切って食感よく

-

2.フライパンにサラダ油(大2)を中火で熱し、1の卵液を流し入れて大きく混ぜ、半熟状になったら取り出します。

※卵は多めの油で半熟状に炒めて取り出す

-

3.2のフライパンにサラダ油(大1)を中火で熱して豚ひき肉(100g)を炒め、ねぎを加えます。ご飯(温かいもの 350g)を加えてほぐしながら炒め、全体がパラパラになったら、フライパンの縁から香味じょうゆ(大1)、ナムプラー(大1/2)を加えてよく混ぜ、卵を戻し入れて炒めます。

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン
※香味じょうゆとナムプラーでワンランクアップ

-

4.別のフライパンにサラダ油(大1)を中火で熱し、チンゲンサイの軸、葉、さやいんげんを順に入れて手早く炒め、塩・こしょう(各少々)をふります。3に加えて炒め合わせ、塩・こしょう(各少々)で味を調えます。

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン

※チンゲン菜は水気が出るので別に炒める

-

5.器に盛り、ひき肉とチンゲンサイのチャーハンの完成。

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ