ねっとり里芋のそぼろあん

スポンサーリンク

ねっとり里芋のそぼろあん

料理名 ねっとり里芋のそぼろあん
番組名 NHKきょうの料理
料理人 中東久人
放送局 NHK
放送日 2016年9月20日(火)

 

トロッとからまるあんが絶妙

京料理人のかんたん!和食塾ということで、秋の代表的な野菜、里芋とかぼちゃ、さつまいもを使った料理3品を紹介していました。ここでは、「ねっとり里芋のそぼろあん」の作り方になります。里芋は汁けがなくなるまで煮て、おいしい味をしっかり入れましょう。あんは少し堅めにすると、里芋にからみやすいです。

スポンサーリンク

ねっとり里芋のそぼろあんの材料(2人分)

 

里芋 2コ(80g)
甘長とうがらし 2本(20g)
みょうが 2コ
木綿豆腐 (小)1/4丁(50g)
豚ひき肉 60g
A
だし カップ1/3
みりん 小さじ2/3
1つまみ
うす口しょうゆ 小さじ1/4
B
だし 80ml
みりん 小さじ1強
うす口しょうゆ 小さじ2/3
小さじ1/3
水溶きかたくり粉
かたくり粉 小さじ2弱
小さじ1
しょうが(すりおろす) 小さじ1~1と1/2
●塩・サラダ油・酒・小麦粉・揚げ油

 

 

ねっとり里芋のそぼろあんの作り方

1.里芋(2コ(80g))は皮を包丁でこそげながらむき、四つ割りにします。甘長とうがらし(2本(20g))は長さを4等分に切ります。みょうが(2コ)は2~3mm幅の小口切りにします。木綿豆腐((小)1/4丁(50g))は水けを軽くきり、塩(少々)をふって食べやすく切ります。

※里芋は下ゆでせずに、粘りやうまみを生かして力強い味わいに。

※直炊きすることで煮崩れを防ぐ

●甘長とうがらしは、伏見とうがらしなど、辛みの少ないもの

-

2.鍋に1の里芋と下記Aを入れ、煮立ったら弱火にして落としぶたをし、約10~15分間コトコトと煮ます。汁けがほとんどなくなったら火を止め、粗熱を取ります。

だし カップ1/3
みりん 小さじ2/3
塩 1つまみ
うす口しょうゆ 小さじ1/4

※揚げる前に調味料で煮ることで、味がしっかり里芋に入る。

-

3.別の鍋にサラダ油(小1)と豚ひき肉(60g)を入れ、油をからませてから弱火で炒めます。火が通ったら酒(大1)を加えます。

汁けがなくなったら下記Bを加え、ひと煮立ちさせる。かたくり粉(小2弱)と水(小1)を混ぜ合わせた水溶きかたくり粉を少しずつ加え、とろみをつけます。

だし 80ml
みりん 小さじ1強
うす口しょうゆ 小さじ2/3
塩 小さじ1/3

-

4.ボウルに1の豆腐と甘長とうがらし、2の里芋を入れ、小麦粉(大1と2/3)をまぶします。

ねっとり里芋のそぼろあん

-

5.揚げ油を170℃に熱し、4の里芋と豆腐を2~3分間揚げます。最後に甘長とうがらしを加えて30秒間ほど揚げます。

※揚げてコクと香ばしさをプラス

-

6.器に盛り、3のそぼろあんをかけてしょうが(すりおろす 小1~1と1/2)を添えます。みょうがを天盛りにして、ねっとり里芋のそぼろあんの完成。

ねっとり里芋のそぼろあん

※油で揚げることで、淡泊な具材にコクをプラスします。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ