にんにく卵黄

スポンサーリンク

にんにく卵黄

にんにく卵黄

料理名 にんにく卵黄
番組名 きょうの料理
料理人 野口 日出子
放送局 NHK
放送日 2015年5月19日(火)

 

「にんにく卵黄」を手作りで

【初夏の手仕事】ということでNHKきょうの料理では、「にんにく卵黄」を手作りしていました。滋養強壮、食欲増進に効果的と人気のにんにくを卵黄と合わせた一品。丁寧に練ることと2週間天日に干すことがポイントです。

スポンサーリンク

にんにく卵黄の材料(つくりやすい分量。/約300粒)

 

にんにく (正味)500g
卵黄 5コ

 

 

にんにく卵黄の作り方

1、にんにく((正味)500g )は1かけずつばらして皮をむき、根元を切り落とす。縦半分に切り、芯を取り除く。

※芯が残ると仕上がりの色が悪くなる。

 

-

にんにく卵黄2、蒸気の上がった蒸し器に2を入れ、20~30分間蒸す。

※竹串がスッと刺さればよい。

 

-

3、表面加工のしてあるフライパンに2を移し、マッシャーなどで熱いうちに粒がなくなるまでつぶす。

 

-

にんにく卵黄4、卵黄(5コ )を加えて木べらで混ぜ、弱火にかけてゆっくり練りはじめる。

約1時間様子を見ながら、フライパンの底に張りついた生地がまとまり、つやが出て固まってきたら火を止める。

※決して焦がさないこと。手を止めずに練る。

-

にんにく卵黄5、バットにオーブン用の紙を敷き、4を適量ちぎって棒状にし、少量ずつ直径7mm程度に丸め、バットに並べる。

※紙タオルだとくっついてしまうので、オーブン用の紙で。

 

-

6、風通しのよい日陰で2週間以上干す。

※カリカリになるまで干すと保存期間が長くなる。

 

-

にんにく卵黄7、清潔な保存瓶に入れ、にんにく卵黄の完成。

※【食べごろ】2週間以上干してからすぐ。

※【保存】冷蔵庫で約1年間。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ