なすのみそ漬け

スポンサーリンク

なすのみそ漬け

なすのみそ漬け

料理名 なすのみそ漬け
 番組名 きょうの料理
 講師 荻野恭子
 放送局 NHK
 放送日 2014年7月2日(水)

すぐに出せる副菜

青じそやみょうが入りのみそと、なすを混ぜるだけ。ポリ袋なら手も汚さず、おもしいらずで、すぐに味が馴染みます。作り置きが効くのも魅力。夏はすぐに出せる、こんな副菜があると助かります。

スポンサーリンク

なすのみそ漬けの材料(作りやすい分量)

なす 3コ
みそ床
生ぬか 500g
昆布(5×8cm) 2枚
にんにく(皮付き) 1かけ
しょうが(皮付き) 1かけ
赤とうがらし 1本
大豆(乾) 20g
50g
カップ2+1/2(500ml)

作り方

なすのみそ漬け1、なすはヘタを落として縦半分に切り、5mm暑さの半月形に切る。みそ床の材料をポリ袋に入れ、なすを加える。

※ここではMサイズ(横25×縦30cm、厚さ0.02mmが目安)のポリ袋を使うとよい。

-

なすのみそ漬け2、袋をねじって片手で持ち、袋の上から揉んで混ぜる。袋の空気を抜きながら口を結ぶ。

もう1枚のポリ袋に入れて煮中にし、口を結ぶ。

冷蔵庫に30分間以上おいて味をなじませ、みそごと器に盛る。

※冷蔵庫で4~5日間保存できる。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ