なすとさけのはさみ揚げ

スポンサーリンク

なすとさけのはさみ揚げ

なすとさけのはさみ揚げ

料理名 なすとさけのはさみ揚げ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 松本忠子
放送局 NHK
放送日 2017年7月10日(月)

 

さけ缶で手軽にはさみ揚げ

「夏はやっぱりなすおかず」というテーマで、なす料理を紹介。ここでは、「なすとさけのはさみ揚げ」の作り方になります。なすのはさみ揚げを、さけ缶で手軽に作ります。軽い食感で食べやすいはさみ揚げに仕上がります。

スポンサーリンク

なすとさけのはさみ揚げの材料(2~3人分)

 

なす 4コ(320g)
さけの水煮(缶詰) (小)1缶(100g)
A
たまねぎ(みじん切り) 大さじ4
にんじん(すりおろして軽く水けをきる) 大さじ2
溶き卵 1/2コ分
パン粉 大さじ1
小さじ1/4
こしょう 少々
溶き卵 1コ分
パン粉 適量
すだち・ウスターソース・練りがらし 各適量
●塩・小麦粉・揚げ油

 

 

なすとさけのはさみ揚げの作り方

1.なす(4コ(320g))はヘタを除き、縦半分に切ります。皮をピーラーで縦のしまむきにし、塩水に5~10分間程度つけてアクを抜きます。

2.さけの水煮(缶詰 (小)1缶(100g))は皮を除いてボウルに入れ、Aのたまねぎ(みじん切り 大さじ4)・にんじん(すりおろして軽く水けをきる 大さじ2)・溶き卵(1/2コ分)・パン粉(大さじ1)・塩(小さじ1/4)・こしょう(少々)を加えてよく練り合わせてタネを作ります。

なすとさけのはさみ揚げ

3.1のなすは1コずつ水けを拭き、ガクのほうを2~3cm残して厚みの半分に切り込みを入れます。切り口に小麦粉適量を茶こしなどでふるって薄くまぶし、2のタネを8等分してはさみます。

なすとさけのはさみ揚げ

※タネはたっぷりはさみ、へらなどを使って形よく整える。

4.3の表面に小麦粉適量、溶き卵(1/2コ分)、パン粉(大1)を順につけ、175~180℃に熱した揚げ油で2分間ほどカラリと揚げます。なすの皮の部分に竹串を刺してみて、スッと通ればよい。

5.油をきって器に盛り、半分に切ったすだち・ウスターソース・練りがらし(各適量)を添えます。

なすとさけのはさみ揚げ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ