とうもろこしとスペアリブの塩煮

スポンサーリンク

とうもろこしとスペアリブの塩煮

とうもろこしとスペアリブの塩煮

料理名 とうもろこしとスペアリブの塩煮
番組名 きょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2014年9月4日(木)

 

骨からポロリとはずれるスペアリブ

きょうの料理では、土井善晴のホッとする四季ごはんのシリーズから、「とうもろこしとスペアリブの塩煮」を作って放送していました。残暑厳しい今こそ作っていただきたい、おすすめのお料理です。スペアリブの塩味で、とうもろこしの甘みが引き立っています!

スポンサーリンク

とうもろこしとスペアリブの塩煮の材料(4人分)

 

とうもろこし 2本
豚スペアリブ 600g(8~10cm長さ)
18g
A
カップ1
カップ4

 

 

とうもろこしとスペアリブの塩煮の作り方

とうもろこしとスペアリブの塩煮1、豚スペアリブ(600g(8~10cm長さ) )は全体に塩(18g)をまぶし、肉から水けがにじみ出てくるまで2時間~一晩(最低でも1時間30分ほど)おく。前日に準備する場合は、冷蔵庫に入れておく。

*家庭では切りにくいので、 長ければ精肉店で切ってもらうとよい。

*肉の重量の3%。ミネラルの多い粗塩がよい。

※ここで塩をじっくりとなじませたほうが、塩味がきいて肉のうまみがガツンと引き立ちます。

 

-

とうもろこしとスペアリブの塩煮2、表面の水けを拭き取って鍋に入れ、【A】の酒(カップ1)、水(カップ4)を加える。強火で煮立ててアクを取り、中火にして30分間、ふたをせずに煮る。

※中火でしっかり煮ることで、肉の身離れがよくなり、気持ちよくいただけます。

 

-

とうもろこしとスペアリブの塩煮3、とうもろこし(2本 )は皮をむいてひげを取り、長さを2~3等分に切る。

※切り方は輪切りでも、縦に二つ割り、四つ割りでも。棒状にするときは、とうもろこしを立てて切ると、実がつぶれません。

 

-

とうもろこしとスペアリブの塩煮4、2の鍋に加える。

-

とうもろこしとスペアリブの塩煮さらに落としぶたのように皮を数枚かぶせる。鍋のふたをして弱火で約10分間、とうもろこしに火が通るまで蒸し煮にする。

 

-
とうもろこしとスペアリブの塩煮

とうもろこしとスペアリブの塩煮

5、皿に盛りつけて、とうもろこしとスペアリブの塩煮の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ