とうがんと鶏の葛ひき

スポンサーリンク

とうがんと鶏の葛ひき

とうがんと鶏の葛ひき

料理名 とうがんと鶏の葛ひき
番組名 NHKきょうの料理
料理人 後藤加寿子
放送局 NHK
放送日 2017年9月5日(火)

 

上品な煮物に

「残暑を乗りきる 養生おかず」というテーマで、京都育ちの後藤加寿子さんが酸味と香味のさっぱりおかず3品を紹介。ここでは、「とうがんと鶏の葛ひき」の作り方になります。とうがんの水分とじっくり含ませ鶏肉と合わせてとろみをつけて、定番の煮物に仕上げます。

スポンサーリンク

とうがんと鶏の葛ひきの材料(2人分)

 

とうがん 400g(正味250g)
鶏もも肉 120g
だし カップ2
A
みりん 大さじ2
うす口しょうゆ 大さじ1
1つまみ
B
かたくり粉・だし 各大さじ1
しょうが(すりおろす) 適量
●酒

 

 

とうがんと鶏の葛ひきの作り方

1.とうがん(400g(正味250g))は種とワタを除き、ピーラーで薄めに皮をむいて3~3.5cm幅に切ります。皮側に斜めに格子状の切り目を入れ、3~3.5cm角に切ります。鶏もも肉(120g)は余分な脂肪を除いて4等分に切り、酒少々をまぶします。

 

2.鍋にだし(カップ2)と鶏肉を加えて火にかけます。煮立ったらアクを取り、とうがんを加えて中火で煮ます。

とうがんと鶏の葛ひき

3.鶏肉に火が通ったら取り出し、とうがんが柔らかくなるまで煮ます。

 

4.Aのみりん(大さじ2)・うす口しょうゆ(大さじ1)・塩(1つまみ)の調味料を加え、さらに5~6分間煮て味を含ませ、鶏肉を戻します。Bのかたくり粉・だし(各大さじ1)ので溶いたものを回し入れます。

とうがんと鶏の葛ひき

5.とろみがついたら器に盛ってしょうが(すりおろす 適量)をのせます。

とうがんと鶏の葛ひき


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ