とうがんと小芋の炊き合わせ

スポンサーリンク

とうがんと小芋の炊き合わせ

とうがんと小芋の炊き合わせ

料理名 とうがんと小芋の炊き合わせ
番組名 きょうの料理
料理人 村田 吉弘
放送局 NHK
放送日 2014年7月23日(水)

 

夏ならではの冷たい炊き合わせ

旬のとうがんやさやいんげんの炊き合わせの紹介です。だしを効かせた味付けで旬の野菜そのものを味わいましょう。同じ煮汁で、かぼちゃなども炊き合わせに応用できます。

スポンサーリンク

とうがんと小芋の炊き合わせの材料(2人分)

 

とうがん (4cm×5cm)2切れ(正味80g)
粗塩 適量
里芋 (小)6コ
さやいんげん 6本
青柚子(ゆず)の皮 (せん切り)適量
煮汁(1:1:15)
うす口しょうゆ 30ml(大さじ2)
みりん 30ml(大さじ2)
だし 450ml(カップ2+1/4)

 

とうがんと小芋の炊き合わせの作り方

1、とうがん((4cm×5cm)2切れ(正味80g) )は種とワタを除き、外側の堅い皮をそぐ。

皮側に格子状に切り目を入れ、皮側に粗塩(適量 )をすり込んで10分間ほどおく。

※皮側の堅さが残らないよう、塩をすり込んで脱水させ、柔らかくします。

とうがんと小芋の炊き合わせ2、沸騰した湯で1を竹串がスッと通るまでゆで、冷水にとって水けをきる。

とうがんと小芋の炊き合わせ煮汁のうす口しょうゆ(30ml(大2))、みりん(30ml(大2))、だし(450ml(カップ2+1/4))の半量を鍋に合わせ、とうがんを入れて弱火で10分間ほど煮る。

※同じ煮汁で材料を別々に煮て本格的な味に!

とうがんと小芋の炊き合わせ3、沸騰した湯で里芋((小)6コ )を5分間ゆで、冷水にとって皮をむく。

耐熱容器に入れ、水(少々)を加えてラップをし、電子レンジ(600W)に5分間ほどかける。

とうがんと小芋の炊き合わせ残りの煮汁を別の鍋に合わせ、里芋を入れて弱火で15分間ほど煮る。

 

4、2、3の粗熱を取り、冷たくなるまで煮汁ごと冷蔵庫で冷やす。さやいんげん(6本 )はヘタを除いてゆで、2の煮汁に浸して一緒に冷やす。

 

とうがんと小芋の炊き合わせ

とうがんと小芋の炊き合わせ

5、4を煮汁と一緒に器に盛り、青柚子の皮(千切り適量)をあしらって完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ