とうがんととろろのすり流し梅風味

スポンサーリンク

とうがんととろろのすり流し梅風味

とうがんととろろのすり流し梅風味

料理名 とうがんととろろのすり流し梅風味
番組名 NHKきょうの料理
料理人 高橋 拓児
放送局 NHK
放送日 2015年7月1日(水)

 

のどごしのよいとろろと合わせて

【今こそ伝えたい!京料理人の温故知新レシピ】のシリーズで、「とうがんととろろのすり流し梅風味」の作り方の紹介です。シンプルに炊いたとうがんのおいしさが味わえます。のどごしのよいとろろに、薬味がアクセントになっています。

スポンサーリンク

とうがんととろろのすり流し梅風味の材料(2人分)

 

とうがん(下処理したもの) 約200g(6コ)
長芋(正味) 50g
だし カップ1
きゅうり 1/4本
梅肉(梅干しの種を除いてたたく) 適量
青じそ(せん切り) 適量
(A)
うす口しょうゆ 大さじ2/3
みりん 大さじ2/3
大さじ2/3

 

 

とうがんととろろのすり流し梅風味の作り方

1.鍋にだし(カップ1)ととうがん(下処理したもの 約200g(6コ))を入れ、弱火にかける。沸騰したら火を弱め、Aのうす口しょうゆ(大2/3)、みりん(大2/3)、酒(大2/3)を加えて10分間煮る。火を止め、このまま冷ます。

-

2.長芋(正味 50g)は皮をむき、目の細かいおろし器ですりおろす。1の煮汁大さじ5を取り分け、少量ずつ加え、スルスルと飲めるくらいの柔らかさにのばす。

-

とうがんととろろのすり流し梅風味3.きゅうり(1/4本)は種を取り除き、1cm四方に切る。器にのとうがんを盛って周りに2をかけ、きゅうり、梅肉(梅干しの種を除いてたたく 適量)、青じそ(せん切り 適量)を飾り、とうがんととろろのすり流し梅風味の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ