とうがんとえびの冷やし吉野仕立て

とうがんとえびの冷やし吉野仕立て

料理名 とうがんとえびの冷やし吉野仕立て
番組名 NHKきょうの料理
料理人 奥村彪生
放送局 NHK
放送日 2018年7月10日(火)

 

コメント

伝承料理研究家で料理界のじぃじ、奥村彪生さんが夏野菜をたっぷり使った涼やかな料理を紹介。ここでは、「とうがんとえびの冷やし吉野仕立て」の作り方になります。小さめに切ったとうがんに、削り節とえびのだしを煮含ませ、仕上げにとろみをつけました。つる~んとしたのどごしで食べやすく、上品なうまみが口の中に広がります。ぜひよく冷やして召し上がってください。

とうがんとえびの冷やし吉野仕立ての材料(2人分)

 

とうがん(正味) 250g
えび(冷凍/殻付き/無頭) 4匹(正味約70g)
オクラ 2本
削り節 1つかみ(約8g)
A
うす口しょうゆ・みりん 各小さじ1
小さじ1/2
しょうが(すりおろす) 適宜
●塩・かたくり粉

 

 

とうがんとえびの冷やし吉野仕立ての作り方

1.とうがん(正味 250g)は3cm厚さの輪切りにし、皮を切り落とします。スプーンで種とワタを取り除き、1.5cm幅の放射状に切ります。

オクラ(2本)は塩少々を加えた湯でサッとゆで、1mm厚さの輪切りにします。

削り節(1つかみ(約8g))はだし用の紙パックに入れておきます。

かたくり粉大さじ1と1/2に水大さじ2を加え、混ぜ合わせておきます。

 

 

 

2.えび(冷凍/殻付き/無頭 4匹(正味約70g))は殻をむいて背ワタを取り除き、かたくり粉大さじ1をまぶして流水で洗います。

水けを拭いて、粗みじんに切り、さらに包丁で細かくたたきます。

 

 

 

3.鍋に水カップ2と1の削り節の紙パックを入れて中火にかけ、沸騰したら紙パックを菜箸でよく絞って取り出します。

 

 

 

4.3に2のえびを加え、菜箸でほぐします。

1のとうがんを加え、再び沸騰したら弱火にし、約10分間煮ます。

 

 

 

5.とうがんに透明感が出たらAのうす口しょうゆ・みりん(各小さじ1)・塩(小さじ1/2)を加えて味を調え、混ぜながら1の水溶きかたくり粉を回し入れ、とろみをつけます。

火を止め、粗熱が取れたら冷蔵庫で約30分間冷やします。

器に盛り、1のオクラと好みでしょうが(すりおろす 適宜)をのせます。

このページの先頭へ