たいのソテー

スポンサーリンク

たいのソテー

たいのソテー

料理名 たいのソテー
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年4月20日(木)

 

たいのうまみを楽しむ

「もっと気軽に魚介のレシピ」というテーマで、大原千鶴さんが魚介料理を紹介。ここでは、「たいのソテー」の作り方になります。定番のソテーはシンプルな味つけで、たいのうまみを楽しみます。付け合わせはマッシュポテトなど、とろみのあるものがおすすめです。

スポンサーリンク

たいのソテーの材料(2人分)

 

たい(切り身) 2切れ
ごま油(白) 大さじ1
菜の花(ゆでて半分に切る) 2本分
ミニトマト(ヘタを取り半分に切る) 1コ分
マッシュポテト(つくりやすい分量)
じゃがいも(男爵) 2コ(250g)
小さじ1/4
砂糖 小さじ1
牛乳 50~80ml
木の芽(たたく) 適量
●塩・小麦粉・しょうゆ

 

 

たいのソテーの作り方

1.たい(切り身 2切れ)は塩(少々)を全体にふって10分間以上(長くおくときは冷蔵庫に)おきます。

 

2.マッシュポテトを作ります。じゃがいも(男爵 2コ(250g))は皮をむいて一口大に切って鍋に入れ、ヒタヒタの水に注ぎ、塩(小1/4)、砂糖(小1)を加えて中火にかけます。沸いたら火を弱め、完全に柔らかくなるまでゆでて、マッシャーでつぶします。

牛乳(50~80ml)を加減しながら加えてハンドブレンダーなどでなめらかにし、木の芽(たたく 適量)をちぎって加え混ぜます。

たいのソテー

3.たいの水けを拭き取り、小麦粉(適量)を全体に薄くまぶします。フライパンにごま油(白 大1)を入れて中火にかけ、たいを皮を下にして並べ入れます。両面をこんがりと焼き、火が通ったら取りだします。

たいのソテー

※たいの身が熱くて火が通りにくければ、ふたをして焼きます。

※小麦粉をつけて焼くことでふっくらと仕上がる。

4.3のフライパンに菜の花(ゆでて半分に切る 2本分)を入れ、しょうゆ(小さじ1/2)を回し入れて軽く炒めます。

5.器にたい、マッシュポテト、菜の花とミニトマト(ヘタを取り半分に切る 1コ分)を盛りつけます。

たいのソテー


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ